陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「妙高高原の旅」その5(黒部ー立山アルペンルートツアー)
DSCF7559.jpg

            * 紅葉の立山(黒部平からの眺望)



10月6日(火)午前6時40分、バスは国民休暇村妙高を出発しました。

DSCF7485_20151015112619e47.jpg

国民休暇村発着の「黒部ー立山アルペンルート」のツアーです。
参加者は27名で、休暇村の方が案内してくれました。

DSCF7536.jpg

扇沢までバスで行き、関電トンネルトロリーバスで黒部ダムに行きました。

DSCF7519.jpg

DSCF7526_20151015112619415.jpg

観光放水の虹が、きれいに立っていました。

DSCF7583_20151015112312d47.jpg

黒部湖からケーブルカーで、黒部平まで行きました。

DSCF7562_20151015112453396.jpg

DSCF7573_20151015112912fb3.jpg

DSCF7596 - コピー

黒部平展望台の眺めは、素晴らしいの一言に尽きました。

DSCF7621_201510151404189ad.jpg

DSCF7620_20151015140418c28.jpg

黒部平から大観峰へは、立山ロープウェイに乗って行きました。
大観峰の展望台は逆光でした。

大観峰から室堂までは、立山トンネルをトロリーバスでくぐり抜けました。

DSCF7660_20151015112314801.jpg

室堂レストランでの昼食後、1時間半ほどの室堂平の自由散策となりました。

DSCF7646.jpg

DSCF7667_20151015112313ecd.jpg

私は先ず、みくりが池方面へ行きました。
辺り一面に霧がながれ、立山の姿は池に映りませんでした。

DSCF7635.jpg

途中、地獄谷からの硫黄の煙が、かすかに流れてきました。

DSCF7641_20151015143132310.jpg

登山者の一行の姿が、遠くに見えました。

私は戻る時間が気になり、筋肉痛の脚に鞭打って走りました。
息が苦しくなりました。
ライチョウの姿を見たという人がいて、急いできた道を少し戻りました。

DSCF7653.jpg

ライチョウは三羽いました。
人気を感じてか、すぐに笹の中に入ってしまいました。

DSCF7676.jpg

走った甲斐があって、集合時間の30分前に立山高原バスの乗り場に戻りました。
相変わらず霧が濃いため、高原バスはノンストップで美女平に着きました。
美女平から立山ケーブルカーで立山駅に行き、そこで休暇村から出発した回送バスで帰途につきました。

DSCF7709_20151015112805d1a.jpg

富山県の海岸沿いにバスは走り、午後6時に休暇村に帰りました。

DSCF7710_20151015112805a73.jpg

夕食には、今日も生ビールと日本酒の熱燗を飲みました。
今回の旅の最大の目的「黒部―立山アルペンルート」を堪能した一日でした。

     2015.10.6               くまお

追記

10月17日(土)より、しばらくブログを留守にします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi