陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

書写山・旧閑谷学校を訪ねて
DSCF0105_20151126223109db1.jpg

           * 書写山圓教寺摩尼殿(本堂)の紅葉


11月24・25日、県高退協いきいき会主催のバス旅行に参加しました。

第一日目は、兵庫県姫路市の書写山と岡山県備前市の旧閑谷学校を訪ねました。

DSCF0069_20151127074327316.jpg

ロープウエイに乗って、書写山の山上駅まで行きました。
書写山の山麓は、まだ紅葉していませんでした。

DSCF0080_20151127074327dd8.jpg

山上からは姫路の市街地が眺められました。

DSCF0079.jpg

DSCF0087_20151127074327a6e.jpg

東坂の紅葉の道を通り、圓教寺(えんぎょうじ)の仁王門をくぐりました。

DSCF0187_20151126222801604.jpg

DSCF0123_20151126223110bd1.jpg

圓教寺摩尼殿は、堂々として立派な建物でした。
書写山は「西の比叡山」とも称されています。

DSCF0114_20151126223109106.jpg

摩尼殿の舞台からの眺めは、スケールの大きなものでした。

DSCF0128_20151126223110787.jpg

            * 壮大な三つの堂(大講堂・食堂・常行堂)

DSCF0167.jpg

DSCF0153_201511262231112ec.jpg

鐘楼あたりの紅葉は見事でした。

DSCF0162_20151127150746bc8.jpg

午後2時過ぎ、書写山山上の紅葉散策を終えて、ロープウエイで麓に下りました。

バスは次の見学地、岡山県備前市の旧閑谷学校へ向かいました。
旧閑谷学校は、現存する日本一古い学校です。

DSCF0201_20151126222511ca3.jpg

やや陽が傾いた閑谷の校門をくぐり、現地ガイドさんの面白い説明を聴きました。

DSCF0207_201511262225093ec.jpg

DSCF0225_2015112622232617b.jpg

龍のような石壁が、765メートルにわたり校地を取り巻いていました。

DSCF0203.jpg

                   * 孔子聖廟

聖廟の前に中国の孔子林の種を育てた一対の楷(かい)の木があり、秋には素晴らしい紅葉を見せてくれるそうです。
残念ながら、すでに落葉していました。

DSCF0205.jpg

                   * 国宝の講堂

1670年、岡山藩主池田光政は、閑谷の地に学校を建てるよう命じました。
すでに武士の子弟が学ぶ藩校は岡山市内にありました。
二つ目の藩直営の学校・閑谷学校は、初めから庶民の学校・地方のリーダーを育てる学校として創建されました。

DSCF0219_2015112622280142e.jpg

                * 学房跡 現在は資料館

午後4時半過ぎ、肌冷えのする閑谷の地をあとにして、美作市の湯郷温泉へ向かいました。

     2015.11.24                   くまお

追記

旧閑谷学校の説明は、旧閑谷学校顕彰保存会のパンフレットから引用しました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi