陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

三栖王子跡の河津桜
DSCF4618.jpg


2月27日(土)、上富田のコーナンでお昼の弁当を買って、三栖王子跡河津桜を観に行きました。
gooブログ「花②のよもやま話」で三度も紹介されていましたので、遅ればせながら訪れました。
カーナビでは三栖王子跡は見つかりませんでした。

あてずっぽうで桜の花を探しては、車を走らせました。
上三栖まで行っても見つかりません。
農家の方に尋ねると、このあたりにはないという返事でした。
戻って、三栖小学校辺りでもう一度訪ねました。
もっと下の信号のある付近に、熊野古道があるとのことでした。

DSCF4628.jpg

信号で左折すると、上富田岡のトンネルへ戻ってしまいました。
ipadを取り出して検索すると、大体の位置が分かりました。
再び岡のトンネルをくぐり抜け、信号を左折してしばらく行くと、三栖王子跡に辿り着きました。

DSCF4727_20160227202028231.jpg

梅の花は半ば散っていましたが、河津桜は満開でした。
私に続いて、女性の4人連れが花見にやって来ました。
その後、カメラを携えた私と同年配の方が、お一人やって来ました。

DSCF4590メジロ

パソコン仲間のてまりさんのブログ「紀州てまり」で、とても鮮明なメジロの姿を拝見しました。
私のはこの程度です。

DSCF4567.jpg

 三栖山の檀弦(まゆみつら)はけ
   わが夫子(せこ)が射部(いめ)立たすもな吾が偲(しの)ばむ   額田の王
 

 (紀伊の国の三栖山の檀でこさえた弓に弦をかけて、あの方が今頃狩り番をつけておいて、獣狩りをしていられることだ。私はこうして焦がれていなければならぬのか。 折口 信夫 注釈)
あの方とは大海人皇子のことか中大兄皇子のことか、私は知りません。

午後二時前に、昼食用に買ったチラシ寿司を食べていると、花②さんがやって来ました。
先ほど場所が分からないときに、電話しようと思った花②さんです。
「あれまあ!よく会いますね。」と、びっくり。
昨日、めだかの学校で会ったばかりです。

DSCF4697_2016022720191220c.jpg

昼食後、古道沿いの報恩寺を訪ねました。

DSCF4689.jpg

本堂前に大きな蘇鉄がありました。
若狭湾の常神半島にも大きな蘇鉄があります。
報恩寺の蘇鉄は日本一というだけあって、常神以上のようでした。

DSCF4699_20160227201910b4e.jpg

熊野古道のここかしこに、椿の花が落ちていました。

S0014646.jpg

見上げると、椿はひっそりと花を付けていました。
田辺の万呂王子跡から三栖王子跡、上富田の八上王子跡へと、熊野古道が続いています。
三栖王子跡から八上王子跡まで2㎞の道のりです。
西行が桜の花を歌に詠んだ八上神社まで、古道を歩いてみようかな。

    2016.2.27               くまお

oazuke_20160208230317b50.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

てまりさんへ
こんばんは!
コメントありがとうございます。
三度目の正直でしたね。
私も諦めて帰ろうかなと思ったくらいです。
「河津桜の広場」とか、表示をしてほしいですね。

たくさんのメジロが遊びに来ていました。
枝から枝へと飛び回り、カメラで追っかけているうちに、首が痛くなりました。
てまりさんの画像のようには、うまく撮れませんでした。


くまお | URL | 2016/03/01/Tue 22:40[EDIT]
河津桜満開ですね
こちらに行くのに~私も苦労しました

見事な河津桜が沢山ありますのに、お花の案内→が何処にも見当たらず

もっともっとこのお花の場所を紹介して欲しいですね。

三栖王子跡の石碑の前に行っても、分かりませんでした((´д`))

このお花に惹かれて3度尋もねました。

てまり | URL | 2016/03/01/Tue 20:51[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi