陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

寒グレ釣りⅡ(グレの白子・タカノツメ・アシタバ)
DSCF5669.jpg


3月16日の潮岬の釣果は、芳しくありませんでした。
「釣れなくてもただでは帰らない」というのが、わたしの磯釣りの楽しみ方です。

DSCF0865_201603172233107d7.jpg

まず、海の景色を堪能します。

DSCF5719_20160317223309e07.jpg

打ち寄せる波に足を濡らしながら、タカノツメ(瀨)を採りました。
肝臓にもよいといわれ、酒の肴になります。
塩茹でしていただきました。
出汁は翌日の吸い物に使いました。

DSCF5707_20160317223442905.jpg

船着き場の近くに、明日葉(アシタバ)が生えていました。
明日葉はハマウドとよく似ていますが、折り取った茎から黄色い汁が出てきます。
沢山ありましたが、食べる分だけいただいてきました。
茹でてサラダに使いました。

DSCF5699_20160317223309079.jpg

3月のグレは産卵期に入っています。

DSCF5711_20160317223309b72.jpg

卵子や白子は、いつもは粗と一緒に煮付けます。
今回は白子を湯通しして、ポン酢でいただきました。
これがとても美味しかったです。

DSCF5728_20160317223442aa0.jpg

握り寿司はご飯が多くなって、おにぎりみたいになってしまいました。

DSCF5720_20160317223310b7a.jpg

粗は甘辛く煮けました。
刺身で引いた皮も捨てずに煮付けます。
さけ・みりん・砂糖・醤油に、梅干と生姜を入れて煮付けます。
水はいっさい使いません。
これも酒の肴の一品になります。

夕食を食べ始めたのが、午後8時半を回っていました。
本日はおつかれさまでした。

     2016.3.16             くまお

追記

沢山釣れたらおすそ分けしようと皮算用していましたが、1尾ではどうしようもありません。
次回をご期待ください?

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi