陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

Hirosima and Nagasaki
img004広島原爆ドーム


5月28日(土)の朝日新聞は、「オバマ氏の広島訪問」を以下のように報じていました。

 オバマ米大統領は27日夕、米国の現大統領として初めて被爆地・広島を訪れた。平和記念資料館(原爆資料館)を視察し、原爆死没者慰霊碑で献花した。演説で、戦争の悲惨さを強調し、「恐怖の論理にとらわれない勇気を持ち、核兵器のない世界を追及しなければならない」と述べ、「核なき世界」を主導していく決意を改めて示した。

そして、演説の最後は、次のように締めくくられています。

 世界はここで、永遠に変わってしまいました。しかし今日、この街の子どもたちは平和に暮らしています。なんて尊いことでしょうか。それは守り、すべての子どもたちに与える価値あるものです。それは私たちが選ぶことのできる未来です。広島と長崎が「核戦争の夜明けではなく、私たちの道徳心の目覚めの始まりとして知られるような未来なのです。(朝日新聞訳)

日本国民の多くが求めてきた「核廃絶」の道のりは、まだまだ遠い感じです。
だけれども、私は今回のオバマ大統領の広島訪問を大きな前進として受け止めたいと思いました。
また、そうしなければなりません。

img005広島折鶴

わがことを振り返れば、広島には一度しか訪問していません。
1959年(昭和34年)、大学受験で広島を訪れました。
試験が終わり、合格発表までの数日間、広島に滞在しました。
その間、広島平和公園の原爆資料館や原爆ドーム、原爆の子の像などを見学しました。
二枚の画像はその時の写真です。

同行者は、広島大学の俳句同好会の方々です。
変な話のように思われるでしょうが、吟行句会を催してくれました。
(高校の文芸部の先生が広大を卒業したばかりで、後輩の方に呼びかけてくれたのです。)

落ちるというジンクスがあると言われたので、厳島神社には行きませんでした。
行かなかったのに不合格でした。(お笑い)
次の年も来ますと約束しておきながら、その約束を未だに果たしておりません。

長崎は修学旅行の引率や平和学習の下見で、何度も訪問しました。
広瀬方人さん(長崎証言の会代表委員)には、大変お世話になりました。
残念なことに、広瀬先生は今年の1月にお亡くなりになりました。

クマノミさんの修学旅行の引率は、東京方面ばかりでした。
クマノミさんには、九州旅行に連れて行く約束をしていました。
その約束も果たせておりません。

オバマ大統領の広島訪問を機に、私は広島・長崎を改めて訪れてみようと思いました。

    2016.5.29               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

しげよあゆみさんへ    
コメントありがとうございます。
あゆみさんも行ったことがないのですか。
私が行った時は、ある銀行の入口の大理石に一瞬に焼き付いてしまった人の痕が残っていました。原爆ドームの中にも入りました。壁が崩れ落ち、雀がチュンチュン鳴いていたのが印象的でした。
71年経った現在の広島には、原爆ドームや資料館以外には被爆の面影は残っていないかもしれません。
私ももう一度行ってみようと思っています。
くまお | URL | 2016/06/01/Wed 23:13[EDIT]
私は長崎へは何度も行っているくせに、広島へは一度も行っていません。
理由は特にありませんが・・・・。
でも、かつて両親が父の亡くなる前に広島へ行ったように、私も人生が終わるまでに家人とともに広島へ行ってきたいと思っています。
しげよあゆみ | URL | 2016/06/01/Wed 01:17[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi