陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「韓国の世界遺産と平和の旅」に参加して(その5 ソウル)
DSCF4719.jpg

 * かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける  大伴家持

  (「かささぎの渡せる橋」は、七月七日の七夕の夜、鵲が天の川に翼を連ねて
     橋を架け、織女を牽牛に会わせるという中国の伝説にみえるもの。) 


11月3日(木)、先ず故宮で唯一世界遺産になっている昌徳宮を訪ねることになりました。
予定では午前中はフリータイムであったが、三日目の予定が長引き、昌徳宮見学の時間に間に合いませんでした。

DSCF4656.jpg

工事中の日本大使館前には、問題の従軍慰安婦の少女像が置かれていました。
像の横に張られたテントの中には、撤去を阻止しようとする人たちが見張り番?をしていました。

DSCF4657.jpg

昌徳宮は李氏朝鮮王朝500年の都ソウルにある五大王宮の一つです。第三代王太宗によって1405年に建てられた離宮だが、正宮である景福宮が焼失したため、270年の長きにわたってここで政務が行われた。(日旅プリントより)

DSCF4658_20161115151726de0.jpg

敦化門をくぐり、広々とした庭を進んで行きます。

DSCF4676_20161115151843f07.jpg
DSCF4680_201611151518422da.jpg

進善門を進むと、左手には壮大な仁政殿があります。

DSCF4693.jpg

DSCF4711_20161115152125e58.jpg

仁政殿が昌徳宮の正殿であり、王の即位の礼や外国の使節との接見など国の公式的な行事を行う建物である。(昌徳宮パンフレットによる)

DSCF4720.jpg

大造殿は王妃の住まいであった。

時間の都合で、見学はおしまいにして、バスに戻りました。

DSCF4756.jpg

仁川国際空港の近くで昼食を食べました。
牛の骨付きカルビをじっくり煮込んだカルビタンをいただきました。

DSCF4769_20161115151843c28.jpg

そして、仁川国際空港15時10分発に搭乗して関空に着き、午後8時過ぎ、マンションに無事帰りました。
4泊5日の韓国旅行は自費でしたが、平和を学ぶ有意義な研修旅行となりました。

     2016.11.3                 くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi