陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

尾鷲行
DSC_6391.jpg


12月12日(月)午前7時、 入院している姉を見舞うため、三重県尾鷲に出かけました。
昨夜からの冷え込みで、小広トンネル付近は、びっしりと霜が降りていました。
国道168号線を請川まで来ると、熊野川から靄?が勢いよく立ち昇っていました。

DSC_6396.jpg

不思議なので車を停め、よく観てみました。
川湯温泉から流れてきた大塔川の温かい水が、冷たい熊野川に流れ込んでいたのです。
その後橋を渡り、169号線を北山川に沿って北上しました。


DSC_6425.jpg

北山川に架かる瀞大橋の手前で駐車して、橋上に行きました。

DSC_6400.jpg

DSC_6423.jpg

上流の瀞峡は、立ち込めた霧の中でした。

DSC_6411.jpg

湯の口温泉のある下流でも、霧が立ち昇っていました。
朝陽が差し込めば、良い風景になりそうです。

DSC_6428.jpg

トイレ休憩のため、「さぎりの里」に寄りました。
風伝下ろしで有名な「さぎりの里」は、晴天でした。
早朝には、霧が出ていたのかもしれません。
私は何度もここを通りますが、霧に出合ったことはないのです。


DSC_6455.jpg

尾鷲には午前10時ごろに着きました。
打ち合わせた時間にはまだ早いので、尾鷲漁港へ立ち寄りました。
せり市は終了していました。

DSC_6437.jpg

しばらく尾鷲湾を眺めてから、兄の家に行きました。
兄夫婦・姪と連れて、病院に行きました。
9歳上の姉は、10月から入院しています。
やつれてはいましたが、元気そうな顔をして迎えてくれました。
「気持ちを強く持ってリハビリし、早く退院しましょう。」と励まして、病院を辞しました。
兄たちとは昼食を共にして、そのあと友人を訪ねました。
帰り道のことを考えて、午後3時過ぎ、尾鷲を離れました。


DSC_6461.jpg

いつものように、熊野市の獅子岩で休憩しました。

DSC_6469.jpg

七里ヶ浜と称されるように、浜が長く続いていました。


DSC_6491.jpg

上富田町の彦五郎堤に、イルミネーションが灯っていました。
夕食を買ってマンションに戻ったのは、午後6時過ぎでした。
気がかりだった姉の病気見舞いを終えて、ほっとしました。

     2016.12.12               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi