陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

新緑の熊野路を行く
DSC_4097.jpg

                 * 熊野川沿いの岩峰


4月19日(水)、三重県立尾鷲高校第11期同級会に出席のため、郷里に帰省しました。
午前9時過ぎにマンションを出発して、本宮から熊野川を下り、宮井大橋を渡って、北山川を上りました。
熊野路は桜の花から若葉へと、すっかり初夏の衣替えをしていました。

DSC_4101.jpg

瀞峡の手前のビューポイントで、休憩しました。
北山川は大きく蛇行していて、とても景色のいいところです。

DSC_4110_20170422152405b43.jpg

折しも、ジェット船が川上からやって来ました。

DSC_4115.jpg

岩壁にぶつかりそうな曲がりを、巧みに操船して行きました。

DSC_4125.jpg

後日、新聞で知ったことですが、21日(金)から開始された瀞峡観光船の試運転だったようです。

DSC_4131.jpg

北山川を渡り、三重県の紀和町へ向かいました。
丸山千枚田がある紀和町です。

DSC_4142.jpg

御浜町では、早くも田植えが行われていました。

熊野市で昼食休憩をして、尾鷲には午後1時前に到着しました。
兄姉の見舞いなどを終えて、午後3時ごろ、同級会の会場である紀伊長島のホテル「季の座」に向かいました。

DSC_4175.jpg

ホテル「季の座」には、4時ごろ到着しました。

DSC_4203.jpg

DSC_4151.jpg

DSC_4161.jpg

ホテル「季の座」は、熊野灘臨海公園孫太郎にあります。

DSC_4174.jpg

入江には数々の島が点在して、波静かな海水浴場となっています。

DSC_4197.jpg

周りの山々は、新緑に燃え立っていました。

同級会は三回目です。
卒業後58年経った今回は、約300名の卒業生のうち、51名が参加しました。
私は初めての参加でした。
すっかり老けてしまった私に、ほとんどの同級生は気付きませんでした。
私も今浦島太郎でした。
尾鷲弁でしゃべっているうち、同級生のかつての姿が、少しずつ脳裡に呼び戻されてきました。
八十路の峠まで、お互い頑張ろうと誓いました。

DSC_4212.jpg

20日(木)の帰り道、尾鷲神社に立ち寄りました。

DSC_4222.jpg

天然記念物、楠の大木は健在でした。

DSC_4238.jpg

昼時に鬼ヶ城で「さんまずし」を買って、食べました。
熊野地方のさんま寿司は、田辺地方と違って背開きです。
酢飯の味も濃い目でした。

DSC_4245.jpg

DSC_4248.jpg

DSC_4250.jpg

その後、獅子岩、花の窟に立ち寄りました。

DSC_4268.jpg

午後3時過ぎ、道の駅「牛馬童子」で休憩し、4時前にマンションに戻りました。

      2017.4.20               くまお

追記1

DSCF6950_20170422152405735.jpg

尾鷲の同級生にもらった筍で、筍ご飯を炊きました。
とても柔らかくて、美味しかったです。

追記2

DSCF6955.jpg

先日、友人がとても立派な蕨を持って来てくれました。
同級生にもらった筍などと一緒に、煮物にしました。
天然の食物を満喫しています。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi