陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

今季初のイサギ釣り
DSCF7083_20170509174330405.jpg

                * まもなく夜の明ける田辺湾


5月8日(月)、今季初のイサギ釣りに出かけました。
いつもの遊漁船「みふじ丸」の田中船長さんにお世話になりました。
午前5時、田辺市目良漁港を出港しました。
釣人は大阪のご夫婦とベテランの方、私の四人でした。

DSCF7098_20170509174330f0f.jpg

ポイントの南部沖に着くまで、約半時間かかります。

DSCF7116.jpg

今日は高尾山からの日の出が見られそうです。

DSCF7124_201705091742420e6.jpg

高尾山の頂きに朝日が顔を出しました。

DSCF7142.jpg

5時21分、日の出となりました。

DSCF7102.jpg

みふじ丸」は南部沖につくと、魚探を駆使してポイントを探し、錨を打ちます。
潮の流れと風向きを考えて、ポイントに船を置くのは大変難しいことです。
ポイントに船が置かれても、イサギの食いが渋いこともしばしばです。
風向きが変われば、ポイントがずれてしまいます。
今回も何度か船を打ち直し、さらに沖のポイントへ移ってみたりしました。

本日はイサギの食いが渋くて、なかなか釣果が上がりませんでした。
親切な船頭さんは、時間を30分延長してくれました。

DSCF7155_20170509174148725.jpg

午前11時半、納竿となりました。

DSCF7169.jpg

みふじ丸」は錨を上げると、急いで目良漁港に戻ります。

DSCF7212_20170509174147a8c.jpg

私は行き帰り、いつもカメラを構えます。
船上から眺める風景は楽しくて、疲れが吹っ飛びます。

DSCF7240_201705091743294d3.jpg

正午前、波静かな元島の湾内に戻りました。

DSCF7243.jpg

目良漁港に到着し、船頭さんがイサギを活き締めして、血抜きをしてくれます。

DSCF7252.jpg

本日の釣果です。
何とか30尾を越えることが出来ました。

次回は16日(火)です。
名古屋の弟と一緒に再挑戦します。

     2017.5.8             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Yさまへ 
美味しく召し上がっていただき、良かったです。
釣った魚は港まで活かしてきて、船頭さんが締めてくれます。
氷水に漬けず、硬直させないで持ち帰ります。

いつものポイントの水深は、40mくらいです。
沖のポイントの水深は60mほどなので、手で上げ下げするのは、結構「重労働」です。(笑)
もう少し釣れたら良かったのですが。

甘夏・カンパチありがとうございました。
どちらも美味しかったです。

16日、名古屋の弟とイサギ釣りに再挑戦してきます。



くまお | URL | 2017/05/10/Wed 22:11[EDIT]
沢山釣れてよかったですね
おいしく久しぶりのいさぎいただきました
ありがとうございました
山本 | URL | 2017/05/10/Wed 06:10[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi