陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

尾瀬の旅(その1ー美人林と奥只見湖)
DSC_6655.jpg

           * 奥只見湖から望む 尾瀬 燧ケ岳(2356m)


6月5日(月)、「尾瀬の山小屋に宿泊でたっぷり満喫! 専門ガイドとあるく 尾瀬通り抜けハイキング 3日間」(主催クラブツーリズム)の旅に参加しました。
参加者は38名でした。
大阪駅8:40発サンダーバード9号で金沢駅までゆき、観光バスでその日の宿泊地「越後湯沢温泉」向かいました。

DSC_6531_20170610113814b9e.jpg

途中、新潟県十日町にある松之山「美人林」に立ち寄りました。

DSC_6581.jpg

「美人林」は、大正末期、木炭にするため、この辺りのブナは全て伐採され原野となりました。その後、一斉に育ったブナの林は、すらりとした立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれているそうです。

DSC_6569.jpg

小さな池に架かる橋の袂では、

DSC_6554.jpg

DSC_6561.jpg

池の水面に美人の立ち姿が映って、とても綺麗でした。


翌6月6日(火)7時20分、観光バスに乗り込み、電源開発で作られたトンネル道を通って、、奥只見湖に向かいました。

DSC_6610.jpg

午前9時、奥只見湖ターミナルから遊覧船の乗船場への道を上り始めました。

DSC_6612.jpg

観光バスは、ここで翌日の温泉浴場へ回送となりました。

DSC_6617.jpg

しばらく行くと、ダムの堰堤がありました。

DSC_6623.jpg

奥只見ダムの年間貯水量は、徳山ダムが出来るまでは日本一だったそうです。

DSC_6625.jpg

乗船場には、大型船一隻と、小型の遊覧船が二隻見られました。

DSC_6629.jpg

遊覧船は快晴の青空の下、尾瀬口の乗船場へ湖面を滑るように進んで行きました。

DSC_6641.jpg

まず、進んで行く右手に、荒沢岳(1969m)の堂々たる山容が目に入って来ました。

DSC_6647.jpg

湖畔のブナやダケカンバの新緑が、鮮やかに目に映ります。

DSC_6657.jpg

そして、前方遥かに、燧ケ岳の姿が望まれました。

DSC_6679.jpg

午前10時過ぎ、尾瀬口乗船場に到着し、路線バスに乗り換えました。

DSC_6687.jpg

バスは原生林の中の細道を通り、御池駐車場を経て、ブナ平を左手に眺めながら、終点の沼山峠口(1700m)に到着しました。

     2017.6.6              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Tさんへ
この日の午前中は、雲一つない晴天でした。
奥只見湖の遊覧は、思いがけなく素敵なものとなりました。
遊覧船を下船して、沼山峠口までは路線バスでした。
その間のブナやダケカンバ、朴の木などの原生林の新緑は、とてもよかったです。
くまお | URL | 2017/06/14/Wed 17:04[EDIT]
天気に恵まれて良かったですね。旅は天気が一番〰
たばた | URL | 2017/06/14/Wed 14:12[EDIT]
89%さんへ
美人林はきれいでしたが、沼山峠までのブナやダケカンバの新緑の原生林は、それ以上に綺麗でした。バスの中から見た風景です。
ぜひ一度行ってみてください。
くまお | URL | 2017/06/12/Mon 05:31[EDIT]
Yさまへ
二日目の奥只見湖の天気は、とても良かったです。
三日目のビューポイントは、残念ながら曇り空でした。
雨に合わなくて幸いでしたが。

なかなか良い写真がなくて、ブログに苦労しています。
くまお | URL | 2017/06/12/Mon 05:23[EDIT]
昨日はありがとうございました。お天気がよくて良かったですね。
続きの写真楽しみにしています。
山本 | URL | 2017/06/11/Sun 21:06[EDIT]
尾瀬の旅に自分もいってるような気分になります。美人林が湖に映えてきれいだつたでしようね。
89% | URL | 2017/06/11/Sun 17:17[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi