陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

大雪山旭岳~黒岳の縦走(第2日目 御鉢平~黒岳・層雲峡温泉)
DSC_8501.jpg

             *  雲ノ平一面に広がるお花畑


7月10日(月)、御鉢平展望台で休憩した後、黒岳を目指して出発しました。

DSC_8476.jpg

DSC_8479.jpg

黒岳雲ノ平までの間に、緩やかな雪渓がまた現れました。
ここはアイゼンを付けずに下りました。

DSC_8481.jpg

その先はいよいよ、雲ノ平お花畑です。

DSC_8485.jpg

DSC_8483.jpg

チングルマやエゾツガザクラが、縦走の疲れを癒してくれました。

DSC_8492.jpg

DSC_8494.jpg

雲ノ平お花畑の散策で、これまでの疲れが消えて行きます。

DSC_8508.jpg

雪が解けたところから、雪の下で眠っていた草花が開花をし始めるのです。

DSC_8488.jpg

エゾコザクラの花も見つけました。

DSC_8541黒岳

午後3時40分、黒岳(1,984m)の山頂に到達しました。
旭岳~黒岳の縦走の目的を果たせた瞬間です。

DSC_8536.jpg

来し方を振り返れば、大雪山系の山々と連なる尾根に心を奪われました。

黒岳の下りにも雪渓があると聞き、Fさんはリフトの時間を心配して、先行してくれました。

DSC_8550.jpg

DSC_8558.jpg

黒岳を下り始めるや、斜面は雲ノ平とは違った趣のお花畑でした。

DSC_8564.jpg

DSC_8566_20170721080724cce.jpg

DSC_8565.jpg

黒岳のシンボル招き岩が、「よく歩いてきたな」と、私達を手招きしてくれました。

DSC_8561.jpg

ウコンウツギの群落も見られました。

DSC_8547.jpg

カラマツソウかな?

DSC_8554.jpg

チシマノキンバイソウ?

DSC_8576.jpg

北面の下りには、いくつもの雪渓が残っていて、時間を要しました。
黒岳7合目のリフト乗り場に着くと、シマリスがお出迎えです。
時刻は午後5時を過ぎていました。

DSC_8584.jpg

先行していたFさんたちが停めてくれていたリフトに乗って、ロープウェイ乗り場へ向かいました。
リフトの途中で雨が降って来ました。
午後5時40分発のロープウェイで、層雲峡温泉まで下りました。

DSC_8595.jpg

層雲峡温泉に着くと、時刻は午後6時でした。
その夜は身体が火照り、疲れで熟睡できませんでした。
Yさんの万歩計によると、この日の歩行は4万歩でした。

    2017.7.10               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

あゆみさんへ
コメントありがとうございます。
先輩たちのサポートがあって、楽しく縦走することが出来ました。
高山植物の可憐さ・逞しさを実感しました。
これからも目標を作って、トレーニングするつもりです。
くまお | URL | 2017/07/21/Fri 17:13[EDIT]
おめでとうございます。
いい天気で登頂成功、おめでとうございます。
綺麗な写真、素晴らしいです。
これからも頑張ってください。
しげよあゆみ | URL | 2017/07/21/Fri 17:01[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi