FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

大雪山紅葉探索記4(高原沼めぐり その二)
DSC_1526_20171004234045dd4.jpg

        * 大雪高原沼めぐりの最高地点1,500mにある高原沼


大学沼で一休憩した後、私達はさらに奥にある高原沼空沼へと歩を進めました。

DSC_1367.jpg

DSC_1379_201710050023286fd.jpg

紅葉の径を進んで行きます。

DSC_1387.jpg

20分ほどで、高原沼に着きました。

DSC_1401_20171004234045ddb.jpg

昨日必死に下った緑岳が、すぐ目の前です。

高原沼を巻くように、さらに20分歩くと、引き返し地点の空沼に着きました。
時刻は午前11時40分近くになっていました。

DSC_1403_2017100500232930a.jpg

DSC_1418.jpg

DSC_1417_20171005002529868.jpg

DSC_1415_20171005002127810.jpg

普段、空沼(からぬま)は名の通りで、岩がごろごろある枯山水の広い庭園の趣ですが、昨晩は雨が降って、小さな池が出来ていました。

昨年の台風被害で、沼めぐりコースは一周できません。

DSC_1424_20171005002128156.jpg

空沼から、もと来た径を引き返しました。

DSC_1500.jpg

DSC_1509.jpg

帰路の高原沼です。

DSC_1560.jpg

大学沼で、昼食休憩しました。
Fさんのファッションは、周囲のきれいな風景によくマッチしています。
午後3時までに、ヒグマ情報センターに戻る規則になっています。

DSC_1573.jpg

DSC_1576_20171005002529bfb.jpg

DSC_1583.jpg

DSC_1584.jpg


DSC_1603.jpg

のんびりハイカーたちとの出会いを楽しみながら、ヒグマ情報センターへ戻りました。

DSC_1605.jpg

ヒグマ情報センターには、午後3時前に着き、下山記帳しました。
私達のあとに、まだ相当数の人達がいたはずです。
監視員に急かされながら、泥んこ径を下ったことでしょう。

DSC_1608_20171005002328133.jpg

大雪高原沼めぐりを無事終えて、高原山荘前で記念撮影しました。
日本一美しいと言われる大雪高原の紅葉を満喫した一日でした。

       2017.9.26               くまお

追記

朝目覚めたとき、「昨日、赤岳で出会った二人の女性の、なまめかしい姿の夢をみた」と、Fさんに話してやりました。
Fさんはたいそう面白がって、「またいい夢を見たら話して下さい」と、言いました。
その後、旅が終わるまで、いい夢を見ることはありませんでした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

ZENさんへ
写真の自分の姿をよくみると、お腹が出ていました。
服装にも色気がないし、ダメですよ。

その後、なまめかしい夢は見ておりませんです。

今回の旅、大変お世話になりました。
これに懲りず、今後ともよろしくお願いします。
くまお | URL | 2017/10/05/Thu 21:42[EDIT]
良い写真撮れていますね。さすがです。
画像にブログの主が余り映っていないですね。
Fさんよりズート良いのに・・・。残念です。次からは宜しく。
なまめかしい姿の夢の詳細は次回ですか?期待しています。
愉しい時間有難うございました。
zen | URL | 2017/10/05/Thu 21:00[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi