陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

大雪山紅葉探索記5(旭岳~)
DSC_1668.jpg

         * 姿見の池に写る大雪山の秀峰 旭岳(2,291m)


9月27日(水)、28日に予定していた旭岳を前日に訪れました。
予定変更が功を奏して、快晴の旭岳を展望することが出来ました。
7月、旭岳から黒岳へ縦走したときには、旭岳はガスと雨で全く姿を見ることが出来ませんでした。

DSC_1672.jpg

DSC_1680.jpg

姿見の池は青い空を写し、中腹から立ち昇る白い噴煙は、勢いよく吹き出ていました。

DSC_1711.jpg

DSC_1712.jpg

DSC_1726.jpg

鏡池と摺鉢池は夫婦池と呼ばれています。

DSC_1630.jpg

今世紀最高であったと言われる旭岳の紅葉は、すでに終わってしまっており、初冠雪もしていませんでしたが、
旭岳の雄々しい姿を間近にみられて、夏の日のリベンジをした思いでした。

DSC_1741.jpg

その夜はロープウェイ近くのホテルベアモンテに宿泊しました。

翌28日(木)は、関西空港へ帰る日でした。

DSC_1748.jpg

新千歳空港までの帰り道に、美瑛の「四季彩の丘」に立ち寄りました。

DSC_1756_20171005202701a45.jpg

DSC_1776.jpg

DSC_1764.jpg

DSC_1804.jpg

DSC_1800.jpg

DSC_1819.jpg

北海道の観光バスツアーが、必ず立ち寄るところです。
やや肌寒く、曇りがちでしたが、まあまあの観光客でした。
一回り撮影したのち、富良野の後藤純男美術館に入館しました。
私は二度目ですが、Fさんは初めてでした。
展示内容はずいぶん模様替えされており、館長さんが団体客に説明されていました。

大きな絵に横線が何本も引かれているのが気になり、Fさんとその線の意味を話したりしました。
館長さんに尋ねると、空気感をあらわした心象風景だとのことでした。
ともあれ、ひとつ勉強になりました。

新千歳空港への途中、遅い昼食にラーメンを食べました。
新千歳空港18:15発~関西空港20:25着で、マンションには午後10時30分ごろ戻りました。
4泊5日の今回の旅は、予想をはるかに超えた素敵な旅となりました。

2017.9.28                 くまお
追記1

全てをお膳立てし、お世話くださった先達のFさんに厚く御礼申し上げます。
末筆ながら、長々と綴った拙いブログをお読みくださった方々に感謝申しあげます。

     2017.10.5                 くまお

追記2

しばらくブログを留守にします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

太平洋の番人さまへ
トレーニングの効果が少し出てきたようです。
お腹のふくらみは減って来ませんが。
「馬子にも衣装」で、カラフルなファッションを心がけます。

錦秋の東北も北海道に勝るとも劣らず、きれいでした。
くまお | URL | 2017/10/10/Tue 18:54[EDIT]
89%さんへ      
東北の紅葉も良かったです。
ご期待ください。
くまお | URL | 2017/10/10/Tue 18:48[EDIT]
愛読者:「陶芸アトリエ高瀬川」のブロガーの「くまお」さんって、どんな人だろ?
今まで、見てるけど、写真には、風景や、料理した作品などで「くまお」さん
本人らしい人、写ってないね⁇ 誰か教えて下さい…
回答、太平洋の番人:「大雪山紅葉探索記2」を見てください。「緑岳」登頂で、手を挙げてる方で今回の北海道の登山では、珍しく、ご本人さん、数枚、写ってました。 「馬子にも衣裳」ご、🙇無礼な表現して「くまお」さん御免なさい。でも、勇ましい、よく似合ってます。
次回、秋田の旅 楽しみにしてます。
太平洋の番人 | URL | 2017/10/08/Sun 11:49[EDIT]
素敵な景色ばかりですね。こんな景色のおすそ分けありがとうございます。私も行った気分になれました。
89% | URL | 2017/10/06/Fri 21:19[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi