FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

南 部 梅 林
DSC_6379.jpg

            * 一目百万、香り十里の梅の里

DSC_6290.jpg

  * 春されば木末隠れて鶯ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝に  山口若麿

      (春になると 梢に隠れて 鶯が鳴いて行く 梅の下枝に)

                            ー万葉集巻五 827-


2月20日(火)、春の陽気に誘われて、ふらりと南部梅林へ行ってみました。

DSC_6597.jpg

DSC_6291.jpg

DSC_6296.jpg

DSC_6298.jpg

公園までの坂道には、梅干しや芋餅などのお店が並んでいます。

DSC_6314.jpg

一軒の茶店に入って芋餅を買い、腹ごしらえに肉うどんを食べました。

DSC_6335.jpg

平日でしたが、観光バスも何台かやってきて、梅林は賑わいました。

DSC_6333.jpg

坂道を上るにしたがって、彼方に海が開けてきます。

DSC_6353_20180226174317fab.jpg

DSC_6361.jpg

梅公園では、紅梅・白梅・枝垂れ梅などの花が、観客の目を楽しませていました。

DSC_6400_201802261801212a6.jpg

私は梅公園からさらに、駐車場まで3.2kmあるAコースの道へ向かいました。

DSC_6444.jpg
DSC_6440.jpg

DSC_6458.jpg

DSC_6502.jpg

陽だまりの梅畑は七・八分ほどの開花でした。

DSC_6477.jpg

DSC_6485.jpg

陽だまりの梅畑には、蜜蜂の巣箱が置かれていたが、蜜蜂たちはまだ巣箱の近くだけを飛んでいる状態でした。
カメラを向けていると、数匹の蜂に攻撃されました。

DSC_6531_2018022618120107a.jpg

DSC_6545.jpg

人家は梅の花に埋もれるように点在しています。

DSC_6567_201802241631461ad.jpg

DSC_6578.jpg

晩稲(おしね)の里に下りてきました

DSC_6576.jpg

梅干しが天日で干されていました。

約4kmの探梅コースを終えて、午後2時ころマンションに帰りました。

       2018.2.20           くまお

追記

その後、体調を崩してしまい、ブログを綴るのが遅くなりました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi