陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ポーランド紀行2(ジェラゾヴァ・ヴォラとトルンの街)
s-DSC_0845.jpg

            * ジェラゾヴァ・ヴォラのショパンの生家


6月6日(3日目)、ワルシャワから54km離れたジェラゾヴァ・ヴィオの街を訪ねました。

s-DSC_0837_201806201647594b9.jpg

ショパンが生まれたスカルベク伯爵邸の別館を、現在、「ショパンの生家」として一般公開しています。

s-DSC_0829.jpg

s-DSC_0840.jpg

当時使った机やショパンと家族の肖像が飾られていました。

s-DSC_0847.jpg

中庭は伯爵邸らしく、広々とした空間でした。

次いで、ジェラゾヴァ・ヴォラの街から166km離れたトルンへ赴きました。
バスのシートは硬くて、37名の大ツアーなので、座席の余裕はありません。

s-DSC_0868.jpg

ヴィスワ川に面したトルンの街は、ポーランド中部の交易で栄えた街です。

s-DSC_0866.jpg

城門をくぐり、世界遺産の旧市街へ入ります。

s-DSC_0888.jpg

トルンの街も修学旅行生でいっぱいです。
トルンコペルニクスの生誕の地です。

s-s-DSC_0882.jpg

s-DSC_0918.jpg

                  コペルニクスの銅像と生家

s-DSC_0912.jpg

カトリック少年団でしょうか。

s-DSC_0930.jpg

ポーランド国民の95%はカトリック教徒だそうです。

s-s-DSC_0903.jpg

大きなビア樽が街を通ってゆきます。

s-DSC_0934.jpg

s-DSC_0946_2018062100522310c.jpg

街の中心はやはり、旧市庁舎の広場です。

s-DSC_0965_2018062100230694a.jpg

城門を出ると、

s-DSC_0970.jpg

ヴィスワ川のほとりには、大勢の観光客が行き来していました。
川向うからのトルンの街の眺望は、とても素晴らしいとのことでした。

トルンの街中で昼食を終えた一行は、バスで168km離れた、北海に面した街グダンスクへ向かいました。

       2018.6.6                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

杏ちゃんへ
生徒たちは明るい表情でした。こちらの挨拶に、手を振って応えてくれていました。
ポーランド国内のサッカーリーグは、現地ガイドさんの話では、それほど強くないそうです。だけど、ヨーロッパの代表チームだから、たやすくは勝たしてくれないでしょう。なんとか、一次リーグを突破してほしいですね。
1980年から始まった民主化運動は、1989年にポーランド共和国を生みました。今から29年前のことです。
くまお | URL | 2018/06/21/Thu 14:35[EDIT]
修学旅行生はどんな感じでしたか?偶然にもサッカーworld カップ第二戦はポーランド。ゴールマシンと言われるロベルト レバンドルスキをはじめ厳しい歴史のなかで育った若者をしっかり見たいと思います!

| URL | 2018/06/21/Thu 04:30[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi