FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ポーランド紀行3(グダンスクの街)
s-DSC_0982.jpg

          *  グダンスク ドゥーギ広場の緑の門


6月6日の夕刻、バスはグダンスクグダニスク)の街に到着しました。

s-DSC_0977.jpg

旧市街ドゥーギ広場のレストランに向かいました。

s-DSC_0981.jpg

s-DSC_0986.jpg

オープン・カフェの奥のレストランで、夕食をいただきました。

s-DSC_1006.jpg
 
             * 夕暮れの街に建つネプチューン像

s-DSC_1005.jpg

ポーランドの日没は午後9時半ごろでした。

翌朝、バルト海に面したコトジビーチに出向きました。

s-DSC_1013.jpg

このバルト海に面した地域の支配をもくろんで、ドイツ軍が侵攻し、第二次世界大戦の火種となったことを、現地ガイドさんが説明してくれました。

s-DSC_1063.jpg

再び旧市街地のドゥーギ広場にやってきました。

s-DSC_1073.jpg

海神ネプチューンの噴水像が、水を噴いていました。

s-DSC_1034.jpg

s-DSC_1039_2018062121460752e.jpg

広場に通じる黄金の門などです。

s-DSC_1043.jpg

かつて、大武器庫だった建物です。
現在は美術学校になっています。

s-DSC_1044.jpg

旧市街の街並みは、見飽きることがありません。

s-DSC_1050 - コピー

s-DSC_1057_20180622000405e29.jpg

s-DSC_1060.jpg

ハンザ同盟の都市として栄えた、モトワヴァ運河沿いの街並みも素敵でした。

s-DSC_1061.jpg

旧市街広場を後にして、

s-DSC_1077.jpg

「世界でもっとも美しい音色」に認定されたオリーヴァ大聖堂に入り、

s-DSC_1093.jpg

パイプオルガンの演奏を聴きました。

s-DSC_1102.jpg

大聖堂の中庭を散策しながら、パイプオルガンの音色の余韻を楽しみました。

グダンスクグダニスク)は、ポーランド民主化運動の始まった地で、自主管理労組「連帯」の拠点です。
1989年民主化を成し遂げ、ポーランド共和国を樹立しました。
連帯の拠点であったグダンスクの造船所を見ることができなかったのは、残念でした。

ツアーの一行は、グダンスクから52km離れたヨーロッパ最大の城壁の一つマルボルクへ向かいました。

      2018.6.7              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

見事に復旧した旧市街
第二次世界大戦で破壊された旧市街が、見事に復旧していました。
特にワルシャワの街には、ポーランド国民の平和への願いが結実しているように思われました。海外旅行をするたび、大変しんどいのですが、「百聞は一見に如かず」という諺に行き着きます。
くまお | URL | 2018/06/26/Tue 20:47[EDIT]
ポーランドの旅すてきですね 
海外旅行にはとても行けないです 
羨ましいかぎりです zさんからも話を聞いてとても楽しかったとか30日お目にかかった時に又お聞かせください。  

    


| URL | 2018/06/25/Mon 11:10[EDIT]
杏ちゃんへ
コメントありがとう。
グダンスクの旧市街もオリーヴァ大聖堂も良かったです。
くまお | URL | 2018/06/22/Fri 07:37[EDIT]
海神ネプチューン像迫力ありますね!日本ではちょっと見られませんよね!パイプオルガンの音色の余韻に酔いながらお庭を散策〰いいひとときでしたね!
| URL | 2018/06/22/Fri 00:19[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi
まとめ