FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ポーランド紀行10(クラクフから再びワルシャワへ)完
s-DSC_1636.jpg

               * 早朝の クラクフ ヴァヴェル城
 

6月11日(月)の早朝、カメラスポットと聞いて、ホテルからヴィスワ川の岸辺に出かけてみました。
昨日訪れた対岸のヴァヴェル城が、川面に写っていました。

s-DSC_1637.jpg

s-DSC_1632.jpg

岸辺を犬を連れて散歩する人、ジョギングする人と出会いました。
その後、ヴィエリチカ岩塩坑を見学しました。(前回)

s-DSC_1787.jpg

ヴィエリチカからクラクフに戻り、クラクフ駅からワルシャワまで列車で移動しました。

s-DSC_1792.jpg

再び、ワルシャワの王宮広場にやってきて、広場近くのレストランで夕食となりました。

s-DSC_1799.jpg

レストラン「ホノラトカ」は、ショパンがよく通ったことでも有名です。

s-DSC_1801.jpg

ワルシャワといえば、ショパンです。

s-DSC_1802.jpg

さすがに感じの良いレストランでした。

s-DSC_1803.jpg

前菜、

s-DSC_1820.jpg

そして、メインディッシュです。
ポーランドの食事には、必ずジャガイモが付いてきます。

s-DSC_1835.jpg

夕食後、ショパンコンサートを聴きました。

s-DSC_1846.jpg

20分ほどショパンの曲を弾いてくれました。

s-DSC_1849.jpg

午後9時半を過ぎると、ようやく日が暮れます。

s-DSC_1853.jpg

ワルシャワの夜との別れを惜しみながら、ホテルに戻りました。

s-DSC_1855.jpg

帰途も、ワルシャワードバイー関空と、窮屈な空の旅をしながら、ポーランド旅行を終えました。

    2018.6.13               くまお

追記

ほとんどの説明文は、徹底ガイド「バルト三国・ポーランド」やパンフレットを参照したものです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

杏ちゃんへ
演奏者はショパンコンクールで優秀な成績を収めた方でした。
私にはどんな曲だったか、よくわかりませんでした。
「猫に小判」だったかな?
大したハプニングもなくて、退屈な旅行記になってしまいましたのに、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
くまお | URL | 2018/07/23/Mon 00:02[EDIT]
ショパンコンサートではどんな曲を聞きましたか?別れの曲やノクターン素敵ですよね!10にもわたる旅行紀お疲れ様でした。ありがとうございました。
| URL | 2018/07/22/Sun 16:04[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi