FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

北アルプス「雲の平縦走」の記(その5) 完
s-DSCF2271.jpg

              * 太郎平から眺めた雲海の夕景


7月18日(水)、太郎平小屋に予定より早く着いたので、太郎平の散策をする。

s-DSCF2240.jpg

s-DSCF2238.jpg

太郎平は、広々とした素敵なお花畑だった。
コバイケイソウやニッコウキスゲが咲き競っていた。

s-DSCF2243.jpg

夕食は5時から。
赤ワインを飲む。
夕食後、再び太郎平を散策する。

s-DSCF2248.jpg

s-DSCF2246.jpg

チングルマの綿毛は可愛い。

s-DSCF2256.jpg

もちろん、花も可愛い。

s-DSCF2257.jpg

コバイケイソウをアップにしてみる。
とても存在感のある花だ。

s-DSCF2264.jpg

太郎平を明るく照らしていた夕日が、ようやく沈もうとする。

s-DSCF2268.jpg

遠くの山並みに雲海が広がる。

s-DSCF2280.jpg

7月19日(木)、夜が明けて、午前5時に朝食。
ご飯をしっかり食べる。

s-DSCF2287.jpg

薬師岳の稜線に、遅めの朝日が昇る。

s-DSCF2277.jpg

太郎平小屋に別れを告げ、

s-DSCF2288.jpg

午前6時に出発する。
本日の行程は、太郎平(2,333m)から折立(1,350m)への8㎞の下り路だ。

s-DSCF2292.jpg

朝日を浴びて、チングルマの綿毛が眩しい。

s-DSCF2293_20180728141747eac.jpg

右手奥に、劒岳(2,999m)や立山連峰が見えてくる。
先輩たちの話では、劒岳は登るのがとても難しいそうだ。

s-DSCF2294.jpg

左手の彼方には、乗鞍岳(3,026m)。

s-DSCF2301.jpg

標高差約1,000mを4時間半かけて下る。

s-DSCF2304.jpg

午前10時30分ごろ、折立の駐車場に着いた。

その夜は、あわら温泉に宿泊し、翌日20日(金)の午後2時ころ、マンションに帰り着いた。
5泊6日の山旅は、天候に恵まれて、無事終わりました。

    2018.7.20                   くまお

追記

Fリーダーには登山計画から山小屋等への諸連絡、当日の登山ガイド、会計まですべてやっていただきました。
大変お世話になり、本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
また、同行してくださった山の大先輩Hさん・Y夫人に御礼申し上げます。
いろいろとお心遣いくださり、ありがとうございました。
二度と行けないだろうあんな秘境を、素人の私が訪ねることができ、大変満足しております。
ありがとうございました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

89%さんへ
山は自然の宝物の一つですね。
同行されたHさんは70歳から、私は74歳から山歩きを始めました。
89%さんもきっとできると思います。
あなたはとりわけ、頑張り屋さんですから。
カメラを持って、気軽に山歩きを始めてはいかがですか。
くまお | URL | 2018/07/29/Sun 11:43[EDIT]
山本さんへ
先達のHさんと、行く道々で、「二度と訪れることはないなあ。」と
言葉を交わしながら、歩を進めたことを思い出しました。
しんどかっただけに、思い出も深く残りました。
いろいろとお心遣いくださり、ありがとうございました。
くまお | URL | 2018/07/29/Sun 11:35[EDIT]
あんなすごい山に登った登れたその思いこれからしようしようのことがあつても何のそのでのりきれますね。山登りつてそういう意味があつたのですね。山と空地上で見るのとは一味も二味もちがいますね。素晴らしい宝物手に入れられおめでとうございます㊗️。私も歳だからと臆せず困難なことに挑戦してみたくなりました。
89% | URL | 2018/07/29/Sun 06:34[EDIT]
綺麗に撮れていた今回の山行写真お気に入りに保存し思い出に残すことにしました。もう二度と登ることは無いでしょう。何度見ても黒部源流の下り、祖父岳の登り
雪渓歩き黒百合平、薬師沢への下り、それからの太郎平までの登り返し、とても大切な思い出です。本当にありがとうございました。
山本 | URL | 2018/07/29/Sun 06:00[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi