FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

鯉の甘露煮
DSCF9062_20181223221702055.jpg


先日、福井の親戚から「鯉の甘露煮」が届きました。
とても大きな子持ちの鯉の甘露煮です。
大鍋で十数時間煮詰めて作るそうです。
私は毎年この甘露煮が送られてくるのを楽しみにしております。
クマノミさんもきっとそうでしょう。

DSCF9066_2018122322170231e.jpg

鯉と一緒に豆も煮ています。
この豆が味がしみて、また美味しいのです。

今日は「鯉に関する諺」を拾ってみました。

よく知られているのが、 「俎板の鯉
鯉の一跳」(こいは人に捕らえられると、一度だけはねるが、あとはじたばたしない。最後の潔いたとえ。)は、「俎板の鯉」に似ています。
鯉は八万八子」(こいの卵が多く、繁殖力の大きいのをいう。)

来年は猪に負けず、元気を出して、「鯉の滝登り」で行きましょう。

     2018.12.23           くまお
  

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

山本さんへ
こちらこそありがとうございました。「雲の平」のことはあまり話題に
なりませんでしたが、その節はZENリーダーはじめ、先達の皆さんには、大変お世話になりました。とても感謝しております。
ところで、カラオケ代高かったですね。
hさんのこと原田さんに伝えました。
ぜひ行きたいと伝えてほしいと言ってました。
来年もよろしくお願いします。
くまお | URL | 2018/12/25/Tue 10:55[EDIT]
先日はありがとうございました。hさんから原田さんとカラオケに行きたいとのことです
年が明けてから行きませんか
山本 | URL | 2018/12/24/Mon 14:28[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi