FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

マレーシアあれこれ2(キャメロンハイランド)
DSC_6288.jpg

    * マレーシアの軽井沢と称されるキャメロンハイランド(タナラタ)

松本清張の推理小説に、『赤い絹』がある。
 タイシルクの王と言われていた大富豪が、午後の散歩に出かけたまま行方不明となった。
別荘に遊びに来ていた友人二人が待てども、大富豪は帰らなかった。
傍のジャングルには、タイガーも生息している。
軍隊まで出動して捜索したが、行方不明のままであった・・・・・

実際にあった事件を小説にした『赤い絹』の事件現場が、キャメロンハイランドであった。

私は興味津々で、朝5時、タクシーでキャメロンハイランドに向けてペナンを出発した。

DSCF2929_20190507183212b2b.jpg

途中、マレーシア第二の都市イポーに立ち寄り、飲茶を食べた。

DSCF2926_201905071832128cc.jpg

歯の良くない私には、格好の朝食となった。

DSC_6280.jpg

キャメロンハイランドには、午前10時ごろ到着。
1500mの高地なので、涼しくて過ごしやすい。
日本人のロングステイヤーも多くいる。

DSC_6286.jpg

マンションの周辺には、野生の蘭が咲いていた。
キャメロンハイランドは、タナラタとブリンチャンの街に分かれている。
タナラタの街の繁華街で昼食をした。

DSCF2936.jpg

DSCF2938_20190507184541432.jpg

珍しいパイナップルのナシゴレン(焼きめし)とワンタンミーを注文した。
量も多くて、美味しかった。

その夜はロングステイしているご夫婦と、スチィームボート(鍋料理)で会食した。

翌日、半日コースのツアーに参加した。
「キャメロン アドベンチャー1」は、45RM(リンギット)だった。
                          (1リンギット=27円)

DSC_6317.jpg

六人乗りジープは、先ずバタフライ ファームに立ち寄る。

DSC_6304.jpg

キャメロンハイランドの固有種をはじめ、

DSC_6301_20190507161451904.jpg

DSC_6307 (2)

DSC_6306 (2)

きれいな蝶たちが、ゲージの中で乱舞していた。

ジープはガタガタ道をブリンチャン山へ向かう。

DSC_6322.jpg

DSC_6324.jpg

途中、山裾に広がる茶畑で下車休憩。

DSC_6353_2019050716164530c.jpg

ブリンチャン山の山頂周辺は、まるでジャングルのようで、

DSC_6340.jpg


霧が発生しやすく、モッシィーフォレストと言われて、

DSC_6337_2019050716154553a.jpg

樹木には、びっしりとコケが覆っている。

DSC_6341.jpg

可憐な野生蘭もあれば、

DSC_6348_201905072256581f5.jpg

食虫植物のウツボカズラ、

DSC_6344_20190507161645474.jpg

赤い実が猛毒の植物もあった。

残念ながら、その日は霧が発生していなかった。

帰りがけに、ボーティー紅茶園に立ち寄り、

DSC_6386.jpg

DSC_6376.jpg

ティ―タイムとなる。

DSC_6363.jpg

DSC_6375.jpg

手入れの行き届いた茶畑を眺めていると、『赤い絹』の行方不明事件などすっかり忘れてしまっていた。

DSC_6397.jpg

DSC_6399.jpg

いちご園にも立ち寄ったが、日本の美味しいイチゴにはかなわない。

その夜は、タナラタとは少し離れた、ブリンチャンの街でロングステイしている方々と食事を共にした。

その翌日、ブリンチャン山(2、000m)に登るため、タクシーで登山口まで行った。
理由はわからなったが、登山は禁止されていた。

DSCF9444_20190507162254997.jpg

そのまま帰るわけにもゆかず、タクシーの運転手さんに、地図を示して、トレッキングコースを教えてもらった。

DSCF9446_20190507162253fac.jpg

それがパース2から3・5へと行くジャングルウオーキングだった。

DSCF2948_20190507215503239.jpg

サンポーテンプルでタクシーを降りて、坂道を登り始めた。

DSCF2949_201905072155031f7.jpg

パース3まで、0,86kmだから大したことはないと思った。

DSCF2957.jpg

急登だが、はっきりとした道だった。

DSCF2956.jpg

だんだん、ジャングルの様相をしてきた。

途中の分かれ道に、登り口で見たのと同じ看板があったが、錆びていてよく字がわからない。
0,4㎞という文字だけが読めた。
あと半分、はっきりした方の山路を選んで、進んでいた。

DSCF2961.jpg

進むにつれて、道がなくなった。
倒木を潜り抜け、笹をかき分けて進んだ。
ところどころに、道らしきものがあった。
とうとう谷間に来た。
前方に黄色の看板が見えたと思ったら、大きな木の葉だった。
このまま進んだら遭難する危険を感じて、引き返した。
引き返すのも大変だった。通った道がどれだったか判然としない。
ティッシュペーパーを落としていたのを偶然見つけて、やっと引き返すことが出来た。

DSCF2966.jpg

木々の間に出発口のテンプルが見えて、ほっとした。
ジャングルハイキングは、ガイドが必要なことが身に沁みてわかった。

一夜明けて、高速バスで、ペナンに向かった。

DSCF2999_20190507162254184.jpg

パームヤシの樹林帯が続き、快適なバス旅だった。
パームヤシはガソリンの原料になり、マレーシアでは資源の大きな一つになっているようだ。

DSCF3004.jpg

バスはペナン大橋を渡り、午後1時過ぎに、アイランドプラザに戻った。
明日の夜、よさこいグループ「白浜炎三千」の一行がやってくる。

        2019.3.7             くまお

追記

『赤い繭』は、『赤い絹』の誤りでした。
訂正して、お詫び申し上げます。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

山本さんへ
キナバル山はマレーシアだと聞いています。
4000mもある高い山だそうですね。
名前は知りませんが、野生蘭はあちらこちらに咲いていました。
明日精密検査です。
何事もなければ、18日よろしくお願いします。
くまお | URL | 2019/05/09/Thu 18:33[EDIT]
マレーシアはとても綺麗なところですね。キナバルはマレーシアでしたか
野生のらんが沢山咲いていたのですがもう忘れてしまいました。18日お世話になります。よろしくお願いいたします
山本 | URL | 2019/05/09/Thu 17:01[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi