FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

なばなの里・伊賀上野城(高退協バス旅行 その3)完
DSC_3218.jpg

                    * なばなの里


11月18日(日)、伊勢の答志島から鳥羽港へ、そして、バスでなばなの里へ向かった。

DSC_3226.jpg

この時期の見どころは、ベゴニヤ館と夜のイルミネーション。

DSC_3230_20191130204722e32.jpg

ベゴニヤ館へ入ると、大花のベゴニヤがずらりと並んでいた。

DSC_3237.jpg

頭上には、大束のベゴニヤのハンギング。

DSC_3294.jpg

豪華という他はない。

DSC_3308_201911302011397e9.jpg

水面に映る様もいい。

DSC_3310_2019113020113941d.jpg

花好きな人にとっては、入場料1,000円の価値はあるなあ。

DSC_3259.jpg

ベゴニヤの他に、ユリの花の特別展示や

DSC_3251_20191130201113693.jpg

フクシャなど

DSC_3321_201911302035428a4.jpg

ベゴニヤ館の外には、バラやダリヤなどの花壇があった。

花見疲れの身体をバスのシートに凭れさせながら、伊賀上野城に向かった。

DSC_3336.jpg

午後3時半過ぎに、伊賀上野城に着いた。

DSC_3337.jpg

ここでも、紅葉が見頃であった。

DSC_3339.jpg

藩祖藤堂高虎は、慶長13年(1608年)、伊予国から伊賀国に移封となった。

DSC_3329.jpg

藤堂高虎は、高さ三十メートルの高石垣をめぐらし、豊臣方に備えた。

DSC_3350.jpg

天守閣から眺めると、

DSC_3353.jpg

DSC_3359_20191130213915bc4.jpg

伊賀上野の町が一望される。

DSC_3371_20191130213914615.jpg

伊賀上野城に別れを告げ、

DSC_3376.jpg

城内の俳聖殿に向かった頃、小雨が降ってきた。

     * 初時雨猿も小蓑を欲しげなり  芭蕉

一行を乗せたバスは、午後5時帰途に就いた。
午後8時、田辺のマンションに戻った。
円成寺・柳生の里・答志島・なばなの里伊賀上野城とめぐり、充実した一泊二日のバス旅行となった。

      12019.11.18         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi