FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

伊香具坂神社・鶏足寺の紅葉
DSC_4274_20191217192113e03.jpg

        * 見頃がすっかり過ぎていた鶏足寺の紅葉スポット


11月28日(木)、彦根j城を辞した後、彦根インターから北陸自動車道に乗り、木之本インターで下りた。
鶏足寺の駐車場が満杯で、かなり離れた臨時駐車場に置く。

DSC_4217 (2)

先ず、伊香具坂神社の境内へ。

DSC_4220_20191217192025918.jpg

落ち着いた神社の境内である。

DSC_4223_201912171920258c0.jpg

DSC_4299.jpg

鐘楼のモミジは見頃だ。

DSC_4224_20191217192025bcb.jpg

鐘一つ撞く。

DSC_4231.jpg

DSC_4232.jpg

DSC_4292.jpg

社殿周辺の紅葉もいい。

DSC_4288.jpg

社殿の奥に、鶏足寺があるのかと思いきや、訊けば、全然別のところだった。

DSC_4286.jpg

神社から700mほど離れた、

DSC_4243_2019121719211484b.jpg

左手の山中にあるとのこと。

DSC_4246.jpg

鶏足寺散策路の入口の茶店で、五平餅を食べる。

DSC_4244.jpg

紅葉シーズン以外は、のんびりとした田園の風景なのだろう。

「まほろば」とは、「素晴らしい場所」・「住みやすい場所」の意である。

  「倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭し美し」 (倭建命)
 
                                        『古事記』

「まほろばのー」と名のつくところは、日本全国にたくさんあるようだ。

DSC_4249.jpg

散策路をたどると、季節はずれのあやめ?が咲いていた。

DSC_4281_20191217192222af9.jpg

周辺には、茶畑が広がっている。

DSC_4253.jpg

鶏足寺(旧飯福寺)に着いた。
残念ながら、紅葉のトンネルと絨毯は、そこにはなかった。

DSC_4260_201912171921129e2.jpg

DSC_4277.jpg

焼失した鶏足寺の別院だった飯福寺を、現在では、鶏足寺(旧飯福寺)と呼んでいる。
現在は無住の寺となっており、十一面観音像などは己高閣(神社の境内にある)に安置されている。

DSC_4275 (2)

たまたま、この場所で絵をかいていた人がいたので、写真に撮らせてもらった。
「一週間前は、この絵のように素晴らしかった」とのこと。
再度の挑戦を期して、鶏足寺をあとにした。

2泊3日の湖東・湖北の紅葉探索は、おおむね満足のゆく旅だった。

     2019.11.28              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

コメントありがとうございます。
「傘寿」とは、喜ばしいことなのですね。
コメントを拝見し、ふと、「何とかこの年まで生き永らえたことに感謝しなければ」と思いました。
もうすぐ今年も終わりますが、どうぞ良き年をお迎えください。

くまお | URL | 2019/12/22/Sun 09:26[EDIT]
素敵なフォトが並んで、嬉しいです
来年の「傘寿」ではまた今年と違った紅葉が見らられるのが楽しみ

私は先日(18日)が80の誕生日でした
| URL | 2019/12/21/Sat 11:58[EDIT]
山本さんへ
先日はありがとうございました。美味しいすき焼き何日もいただきました。
湖東の紅葉は見頃できれいでしたが、湖北の鶏足寺は見頃を過ぎていて、残念でした。またいつか挑戦します。
くまお | URL | 2019/12/18/Wed 23:01[EDIT]
とても綺麗な紅葉の旅だったのですね。写真がとても綺麗に撮れていました
糊東三山懐かしく昔はこんなにもきれいだtったかしらと思いました
山本 | URL | 2019/12/18/Wed 13:14[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi