FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

屋久島4日間の旅(4日目)
DSC_5730.jpg

DSC_5738.jpg

    * 弥生杉」 胸高周囲8.1 樹高26.1m 樹齢推定3、000年


2月12日(水)、屋久島の旅4日目は、

DSC_5627.jpg

白谷雲水峡」の散策。

DSC_5622.jpg

DSC_5625_20200220180520fca.jpg

雲水峡と称されるように、清らかで豊かな水流である。

DSC_5664_20200220180625cdb.jpg

屋久島では、川の標高150m以上では、魚などの生物は棲めないそうだ。

DSC_5630.jpg

この峡には多くの屋久杉の巨木があるようだが、本日は2時間コース内の「弥生杉」までの散策である。

DSC_5641.jpg

谷に沿った径を進んで行く。

DSC_5643.jpg

DSC_5647.jpg

二代杉。切株更新がよくわかる。
屋久島の山ではこのような杉が至る所で見られる。

DSC_5660.jpg

DSC_5674.jpg

さらに谷筋を進む。

DSC_5677.jpg

DSC_5682_2020022018505055d.jpg

DSC_5687.jpg

二代大杉。標高730m、樹高32m、胸高周囲4.4m

DSC_5707.jpg

苔むした森。

DSC_5754.jpg

椿の花が。サルたちは花の蜜を吸うらしい。

DSC_5711.jpg

弥生杉への道

DSC_5714.jpg

台風のために倒れた杉の大木。

DSC_5732.jpg

堂々たる巨木「弥生杉

DSC_5740.jpg

絞め殺しの木が杉に絡んだため、

DSC_5743.jpg

気根を地に下ろして、生き延びている杉。

DSC_5766.jpg

森の中心に屹立すのが「弥生杉

DSC_5771_20200220205648ab2.jpg

白谷雲水峡の散策を終え、空港近くのレストランで昼食。
「首折れ鯖」のもちもち刺身を食す。

DSC_5781_20200220205843c4b.jpg

飛行機の到着を待つ間、通り雨が降る。
55分遅れで到着した飛行機に搭乗する。

DSC_5782_202002202058426e5.jpg

出発時、直行便の欠航というハプニングがあったものの、3泊4日の屋久島の旅を無事終えることが出来た。
今回の旅で、屋久島の太古の大自然に触れて、大いなるパアーをもらったことは、とても貴重な体験となった。

       2020.2.12           くまお      

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

山本さんへ
ともかくも、屋久島の旅が催行されて良かったですね。
少し疲れはしましたが。
「百聞は一見に如かず」という諺通りでした。
花に彩られた5月にふたたび散策するのもいいかな。
先輩がいてくれて、スムースな旅が続けられます。
いろいろとありがとうございました。
くまお | URL | 2020/02/21/Fri 18:19[EDIT]
とても良い思い出のアルバムですね。屋久島の事がたくさん知ることができました。
私たちは、ただ見るだけで頭には、何も残っていないです。ブログとても楽しく拝見させてもらいました。ありがとうございました。
山本 | URL | 2020/02/21/Fri 13:44[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi