FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

クロメンガタスズメの幼虫


中庭のオーシャンブルーの葉をかじっていたこの巨大な幼虫。これも悲鳴ものでした。13センチを超える大きさで、鮮やかな黄色に紫色の斜め模様と斑点があり、尾角が付いています。
クロメンガタスズメの幼虫ではないかと思います。スズメガの1種で、人面模様があるのでこんな名前がついているのだそうです。幼虫の若い頃は緑色で、終齢期になると黄色くなって、大きくなるとあります。

20060313165838.jpg

この画像は、ネリネさんの自然と花と虫からお借りしました。
クロメンガタスズメの成虫です。この幼虫からこんな姿になるとは。
外敵を驚かすためにこんな模様を着けているのでしょうか。
何という顔、いや背中。昆虫の知恵というものはなんとも愉快ですね。畑の方でもこれほどでもありませんが10センチを超えるかなり大きな緑色の幼虫をこの夏よく見かけました。トマトの葉をかじっていました。こちらは、棒切れで触ると、カチカチと歯を鳴らすような音を立てて威嚇しているように思えることがありました。どうも今年はこんな大型の幼虫をよく見かけるのです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi