FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

2007 スイカ第1号
2007キャノンボール13k

いよいよスイカを切る日がやってきました。いま蒸し暑い日の真っ盛りなのでちょうどよいタイミングでしょう。
先日収穫した受粉後49日経過のキャノンボール、13キロです。

2007キャノンボール

開けてびっくり玉手箱ではありませんが、中には空洞がありました。縦長の分、スイカの成長が追いつかなかったのでしょうか。
味は最高糖度は14度は超えるとくまおが申しております
シャキシャキして身もしっかりしているので、自家用としては満足です。とはいっても2人と1匹家族ゆえご近所にお配りしましたが・・・・。
これを確かめてから今日は二つ目のスイカを収穫しました。これはなんと17,2キロ。かぶせたコンテナにいっぱいでした
来週あたりのテニスクラブのスイカ大会までお待たせになります。

アルベロベッロ

さて南イタリアといえば、世界遺産にもなっているアルベロベッロのとんがり屋根の家でしょう。今も人が住んでいるものもあります。石の風化のために30年ぐらいで葺き替える必要があるそうです。屋根職人の数も減り、若い世代がもっと住みやすい現代的な家を求めて、住む人が減っているとのこと。今ではお年寄りか、観光産業に従事する人たちが住んでいるということでした。古いものを残すと言うことはどこでも同じで大変ですね。
アルベロベッロ2


前回のクイズ・・・・カプリ島でくまおさんの忘れたものは・・・・の答は「帽子」です。島の名前にヒントが隠されていました




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

max11puuさんへ
そうですね。外から眺めると可愛く美しいのですが、実際に住むとなると今の若い人たちには敬遠されるでしょうね。
この風致地区から離れたところでは普通の民家の続きにこういったトゥロッリと呼ばれる三角屋根の家を作っている(あるいは保存している)というのがあちこちに見られました。地域の人たちがとても愛着をもっているというのがよく分かりました。
kumanomi | URL | 2007/07/06/Fri 22:08[EDIT]
おとぎの国
まるでグリムの童話にでもでてくるような、町並みです。

お姫さんや可愛い小人達が住んでいるような印象です。

素敵な写真です。
max11puu | URL | 2007/07/06/Fri 21:07[EDIT]
はなママさんへ
今年は天気がいいのでおいしいスイカがたくさんできそうです。いつでも食べにおいでくださいv-14
はなママさんは若いんだし、夫婦でというよりも女性仲間でというのが圧倒的に多いので、これからですよ。ぜひあちこち行ってらっしゃいよ。けしかけますv-42
kumanomi | URL | 2007/07/04/Wed 12:29[EDIT]
CHACO さんへ
残念でしたv-237クイズお答えくださったのはCHACOさんだけでしたので、ザブトン3枚ーっv-237ついでにスイカもあげちゃえーv-45
ありがとうございました。
kumanomi | URL | 2007/07/04/Wed 11:58[EDIT]
私もメロンより だんぜんスイカがいい。。
今年まだ一回しか食べてない。(~o~)
南イタリア 一度は行きたい。とんがり屋根の家ステキ!
こんなの日本にはないもん。
はなママ | URL | 2007/07/03/Tue 20:55[EDIT]
クイズ、ハズレタ・・・賞品があったら、真剣に考えたかも。
あ、賞品は「スイカ」がよいけど、送料高そうですね・・・。
まるっと1個のスイカなんて、子供の頃以来、買ってないなぁ。
8/1とかに切ったのばっかりだわ・・・私だけだもん、好きなの。
美味しいじゃんねーースイカ、大好き!!
CHACO | URL | 2007/07/03/Tue 16:49[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi