FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

クロメンガタスズメ
クロメンガタスズメ

見つけました
これは何だと思いますか?
網戸の外側に引っかかっていました。セミかと思って「飛んでけ!」とばかりに指で網戸をパチンと撥ねると下に落ちました。
良く見ると、何と何とこのおどろおどろしいどくろ顔の、いや背中に人面模様がある蛾なんです
おととし見つけたパステルカラーの巨大な芋虫の成れの果て?クロメンガタスズメの成虫だったのです。
背中のこの顔を見たらどんな鳥も逃げ出すことでしょう。鳥でなくてもですが。
自然界には、自分の身を外敵から守るための知恵がこめられているのですね。
初めてこの幼虫と出会ったときにはまだ成虫の実物は見たことがありませんでした。やっとの出会いになりました。5~6センチはあるでしょう。裏側から見たときはまったくアブラゼミそっくりでした。よく見ようと場所を移動させようとしたらチチーチチーというけたたましい声を発して飛び立って行きました。蛾がこんな声を出すなんて、これもたまげたなーでした。
フクロウ博士
セスジスズメの幼虫

次の日には背中にいくつもの眼模様をつけたセスジスズメと出会いました。10センチはあります。
スズメと言ってもスズメガ科の蛾の幼虫なのです。かなり大きな蛾なのでしょう。
鮮やかなこの眼も鳥を驚かすための細工だそうです。この眼をいくつ並べているのでしょう。思わず吹き出しそうになります。そのうちにどんな蛾に成長するのでしょうか。サトイモの葉を見る見るうちにかじっていきます。
私は昆虫学者ではないので飼育して見届けることなんて考えられません。むしろ大事に育てているサトイモの葉をかじる憎っくき害虫でしかありません。この幼虫の末路は聞かないで下さい。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

CHACOさんへ
え~ん、ごめんなさい。お食事中の話題には不向きでしたね。
今日も2匹、また捕まえました。植物の葉っぱや軸にそっくりの色なんです。大きな糞を落としているので、掻き分けてよく捜すと見つかることがあります。そんなときやっぱり悲鳴をあげてしまいますねv-12
できるだけ農薬を使わないようにしているので、菜園は虫との闘いv-217です。
kumanomi | URL | 2007/09/10/Mon 21:58[EDIT]
あさのひかり(社長)さんへ
好むと好まざるとにかかわらず、生き物は存在する。
虫には虫の、人間には人間の存在理由というものはあるのでしょう。とはいっても、理不尽に自己都合で生き物を選別するのは人間です。虚心に生き物を見たら、けっこう不思議に美しいものなのかも知れませんねv-8
kumanomi | URL | 2007/09/10/Mon 21:46[EDIT]
きもい・・・。
え~ん、昼休みに、お弁当食べながら、見ちゃいましたぁ!
この虫、本当に世の中に必要なんだろうか?
あ、ダメね、こんなこと言っちゃ・・・。
CHACO | URL | 2007/09/10/Mon 13:14[EDIT]
虫愛でない姫君
子供の頃は平気でトンボや蝶を捕まえていたのにいつの間にかこういう昆虫類はゲテモノとなり、触るどころか見るのも嫌になってしまいました。でもこういう虫だってこの世の中に必要だから存在しているのですよね。サトイモの葉を食べる害虫のどこに必要性があるのかはわかりませんが...。
あさのひかり(社長) | URL | 2007/09/10/Mon 04:17[EDIT]
はなママへ
こんなことを書いている私だって、見たときはやっぱり「キャー」です。
いくら無毒だと聞いても、手のひらに乗せている画像を見ても、なかなかかわいいとは思えませんが、けっこう身近にいるものなんです。田舎にはv-42
kumanomi | URL | 2007/09/09/Sun 23:40[EDIT]
キャーァアアー 10センチとはびっくり。
そんなの見たこと無いです。
年をとると、若い頃あんなにキライだった、やもりも、まぁいいっかぁ~
なんてことになってきてますが、こんな幼虫は絶対だめだ~
はなママ | URL | 2007/09/09/Sun 19:36[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi