FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

イチゴジャム作り
2009イチゴジャム

菜園のイチゴ(章姫さちのか)を使ってイチゴジャムを作りました。
生食用に使った残りと形の悪いものを少しずつ冷凍保存しておいたものがだいぶたまってきました。
今回は鍋の大きさの関係で、一先ず1,8キロのイチゴで作ることにしました。

材料
イチゴ          1,8キロ
グラニュー糖      1  キロ(50~60%)                  
ペクチン液        300グラム(レモン1個分の絞り汁でもよい)
白ワイン         50cc(ない場合は入れなくてもよい)

下ごしらえとして作り始める前にホーローかガラス容器にイチゴにグラニュー糖の半量をまぶして半日ぐらい置いておきます。そのうちにイチゴがとろけて汁が出てきます。
ペクチン液はスダチやユズの種を煮立てて作りおきして冷凍保存していますので、こんなとき便利です。いつでもジャムがつくれます。夏みかんなどの柑橘類の種や果汁でペクチンができますのでお勧めの方法です。
dancing dog.gif
いよいよ作り始め。
ホーローかステンレスの鍋で強火で煮ていきます。
焦げ付き、吹きこぼれに注意しながらき木べらで混ぜます。
アクがよく出てきますのでお玉でこまめに掬い取ります。

途中で残りのグラニュー糖・白ワインなどを入れ、最後にペクチンを入れます。
強火で手早く煮るほうが色がきれいに出ます。冷めると色がいっそう濃くなります。

冷めると固まるので、煮過ぎないように留意します。

この間に煮沸消毒して乾かしておいたビンにいっぱいに詰め、軽くふたをして腰まで浸かる熱湯でまた煮沸して(脱気消毒)10分程度。火を止め蓋をしっかり締めなおしてからしばらく逆さにして置きます。
冷めたら冷蔵庫や冷凍庫で保存します。

今回は500ccのビンに3本半(1800cc)ぐらいの出来上がりになりました。
アニメ素材 002



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi