FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ツクネ芋の収穫 (2009)
2009_11300010.jpg

ツクネイモの葉も少し黄色くなってきたので掘り取ることにしました。
今年はいつもより少し多いかなという感じです。小さいのが幾分少ないようです。
芽が出てきたときに2本ぐらい残すようにして芽欠きしたのが良かったかなと思います。
それでもあとからあとから取り切れないくらい勢いよく芽が出てきます。最終的にはどのくらいの芽数になっていたかは分かりませんが、目に付けば取り除くようにしました。
それに何より夏の間中くまおさんが水遣りを精勤にしてくれたことも忘れてはなりません。
イモを肥らせるには水遣りが大事です。

寒さには弱いので1日陽に干したあとダンボールに籾殻を入れた中で室内で保存します。発泡スチロールの箱が保温性があって温かろうと籾殻とともに入れておいたことがありましたが、通気性がなく汗をかいてイモが腐ってしまったという失敗が前にありました。これは全くの老婆心ということそのものでしょう。
ダンボール箱は通気性があって去年は保存に成功です。「成功の陰に失敗あり。」試行錯誤の結果です。
今年もこれでいきましょう。

ツクネイモは粘り気が強く、栄養も豊富です。
摩り下ろしたあとだし汁で薄めて用います。
我が家の定番はカイワレ、ネギ、青ジソを熱いご飯に乗せた後、このだし入りツクネイモを掛けてイクラ、マグロ、刻み海苔をのせて「イクラとマグロの山かけ丼」でいただきます。
ご飯にのせる順番にもコツがあります。ご飯の上にすぐツクネイモをのせるとご飯が汁気を吸ってしまってパサパサしてきます。カイワレやネギなどをのせた後にイモをかけるのが凝り性のkumanomiのこだわりです。
こんな時には焼酎のお湯割りがぴったりです。もちろん、焼酎サーバーで熟成させたものなら最高ですね。ビールはだめです。おなかの中でぶくぶく泡立つ感じになってしまいます

お好み焼きにもよく使います。生地がふわふわして柔らかく美味しいものが出来ますね。
アニメ素材 014



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi