FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

クマノミの中陰満ちて
繝エ繧」繝ゥ鬚ィ譎ッ+005_convert_20100831132303


クマノミの中陰満ちて、8月27日に四十九日の法要を済ませました。これまでいろいろな形でお弔いやお悔み、お励ましをいただきまして誠にありがとうございました。ご住職さまのご入場を告げる鐘の音の響きは、今日ほどに心にしみるものはありませんでした。少し重みのある亡き妻の遺骨とも今日でお別れだと思うと・・・

亡き妻の霊は上富田のこのお寺で永代供養していただくことになりました。安らぎの地を得て一安心です。メープルの16cmのかわいらしい位牌は身近に持っています。

「去る者は日々に疎し」の通り、時間と共に悲しみは少しずつ癒えていくようです。そんな中で家族や親族が集まり故人を偲ぶ法事は、意味のあることのように思います。特に私のように娘たちと離れて暮らしている者にとっては。形式に拘らず心通う法事を今後もしたいと思う次第です。

続く猛暑と虫害のためか、旧家の庭のカラーピーマンはすっかり痛んでしまいました。そろそろ旧家の後片付けに一人で取り組まなければなりません。11月の家の解体に向けてしっかりねとクマノミさんは言ってます。頑張らなければ。

 今日ほどに心に響く鐘はなし  少し重たき遺骨納めて    くまお


kumanomi(クマノミ)さん (南イタリア旅行 2007年)

262クマノミさんの写真




220.jpg








090クマノミさん港





506.jpg











今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

二女がまだこちらにいますので気が紛れています。沖縄近海に次々と台風が発生し
飛行機が飛びません。クマノミさんがもう少し傍にいて欲しいからでしょうか。同僚から川本三郎の『いまも、君を想う』を紹介され読みました。「家内あっての自分だった。」と述懐しています。くまおの場合もまったくその通りです。bulkyさんのおっしゃる
ように、クマノミの存在の大きさをしみじみ感じています。
くまお | URL | 2010/09/04/Sat 09:00[EDIT]
49日が済んだとのこと、お疲れ様です。
まだまだ気が張っていて、感傷に浸ってる間もなく時間が過ぎていく感じではないでしょうか。
父が亡くなった時も、3回忌まではとても余裕がありませんでした。
でも、かえってそれが生活の張りになっていたようでもあります。
父は今では波奈の理想の男性像となり、憧れと尊敬の対象として輝きをはなっています。
クマノミさんも年月を重ねるごとに、よりおおきな存在感で私たちを包んでくれると信じています。
bulky-amimono | URL | 2010/09/02/Thu 23:56[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi