FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

串本田並の磯(その二)
2008_12170004.jpg

渡船の出港時刻は日の出時刻と決まっているようです。
しかし、それぞれの港により少し違いがあります。
すさみのように複数の渡船がある場合は、やはり出航時間が早い感じです。
田並の渡船は一軒しかありません。空が明るくなってから出港します。
えび網が入るときは渡礁時刻は午前7時でした。

2008_10050009.jpg

同僚にいいと教えていただいた島は「長島」でした。
沖に向いた大きな島です。イガミ釣りのポイントは潮岬向きの船着きです。
磯にはフジツボ、カラス貝、鷹のツメなどの貝が沢山付着しています。
それらの貝を採って、丹念にポイントに撒いておきます。
潮が打ち込んで来ていい潮時になると、イガミはよく食います。

出港前に他の釣人がいた場合、自分が希望する島に渡礁するための駈け引きが必要です。
「長島」は上物のポイントもあり、誰もが渡礁を希望します。
駈け引きが上手く行き「長島」と決まっても、島の近くまで行かないと渡礁できるかどうかわかりません。
波があると渡礁できません。

好天が続き、昨日「長島」でよく釣れたと言われても渡礁しません。
島の周りにいたイガミが釣られてしまっているからです。
イガミはグレのように回遊して来ません。
イガミが島に寄りつくまでしばらく日数がかかるようです。

「長島」のイガミ釣りのポイントは西向きにもあります。
磯が低いので腰を下ろして釣る場所はありません。
潮が引いたとき、そこへ移動して釣ります。大当たりした時がありました。
イガミ釣りシーズンは「長島」を避けて、別な島を見つけた方がいいことに気が付きました。

2006_10280002.jpg

誰も渡礁を希望しない島で、「馬の越し」という小さな島がありました。
一番沖にある一級磯「瀬島」の内側にあります。小さくて周りが他の島に囲まれています。
見た感じあまり釣れそうではありませんでした。
一度隣りの大きな島に島替わりして5匹ほどイガミを釣ったことがありました。
その時のポイントの近くに「馬の越し」があります。
案外、この島が良いかもしれない。

大潮の満潮時や波のあるときは勿論渡礁できません。
私はこの島でイガミ釣りを試してみることにしました。
                      くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi