FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

デンドロビュームと美角羊歯
027_convert_20110301165608.jpg

ヴィラの部屋で咲いているデンドロビュームです。
持ってきた時は花芽は着いていませんでした。
見事に咲いて、もう一ヶ月以上も花を着けています。

ヴィラへ移転が決まった時、私は園芸の土物は一切持ち込まないことにしました。
花木やいろいろな園芸物は、欲しい方に貰っていただきました。
残った物は解体業者の方に処分してもらう予定になっていました。

昨年11月の最後の引っ越しの時、残っていた園芸品のうち三つだけマンションに持ち込みました。
一つは黄色の花が咲いていたオンシジュームです。あとの二つは、デンドロビューム美角羊歯です。

010_convert_20110301165900.jpg

美角羊歯の親は三十数年前に先輩にいただきました。
旧家の庭の松の木の下で、どんどん大きくなり、一抱えほどになりました。
オオタニワタリは胞子が飛んでは増えました。美角羊歯は増えませんでした。
美角羊歯は伊豆諸島で園芸品として栽培されているようです。

これは美角羊歯の胞子が黄楊の木に付着してようやく育ったものです。
私は意地らしく思って、黄楊の木を切って持ってきました。

このマンションに移る時、クマノミさんは陶芸と決別しました。
そして、渾身を込めて創った陶器の数々を多くの人に貰っていただきました。
マンションに持ち込んだのはほんの僅かでした。手放すのはどんなに辛かったことでしょう。
私もクマノミさんの決意に絆されて、土物を持ち込まないと決心したのでした。

オンシジュームやデンドロビューームは苔で育てています。
ヴィラの部屋は冬も暖かく、この三つの植物にとって快適なようです。
毎年花を咲かせてくれることでしょう。
美角羊歯は成長してだんだん大きくなることでしょう。

クマノミさんと私は、孫たちが大きく成長し美しい花を咲かせてくれることを願っています。
美角羊歯やデンドロビュームのように。
 
  2011.3.2              クマノミの夫  くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi