陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

新緑の水辺(町営向平キャンプ場)
075_convert_20110503205752.jpg


エビネ温泉を過ぎて日置川に架かる久木橋を渡ると、「町営向平キャンプ場」です。
キャンプ場は白浜町久木地区にあります。

132_convert_20110503210257.jpg

5月2日、私は帰省していた娘たちとバーベキューに行きました。
田辺市から車で30分ほどでキャンプ場に到着しました。

073_convert_20110503205645.jpg

キャンプ場には、ロープで区画されたオートサイトが100区画ほどあります。

024_convert_20110503205304.jpg

5月の爽やかな風の中、木々は新緑の装いをすっかり整えていました。

094_convert_20110503205112.jpg

区画ごとに緑陰となる木々が植わっています。

098_convert_20110503204927.jpg

こんな素敵な風景の区画もあります。

030_convert_20110504115706.jpg

私達は43番の区画を使用いたしました。
連休の初めでしたので、10組程度のキャンパーでした。
翌日は30組以上になると、管理人さんは言ってました。

116_convert_20110503210019.jpg

ほんまもん体験「日置川カヌーハウス」です。

138_convert_20110503210411.jpg

キャンプ場の前の川は緩やかな流れの淵になっています。

086_convert_20110503205857.jpg

カヌーやボート遊びの体験が出来ます。

050_convert_20110503205418.jpg

きれいに咲きそろったやまふじの花房が、清らかな流れに身を映していました。

鶯が川面を挟んだ尾根のあちこちで鳴き交わしていました。
私達は焼き肉と焼きそばを食べて、午後5時過ぎに帰途につきました。

他の人達は、テントを張って夜を過ごす様子でした。
遠く長野県から来られた方もいました。


048_convert_20110503205536.jpg

*ぬばたまの夜のふけゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く 山部赤人



ほどなく夜の静寂が、この新緑の水辺に訪れることでしょう。

     2011.5、2              くまお

追記

久木生ふる」の「久木」は、「あかめがしわ」(赤芽柏)と言われますが、一説に「きささげ」とも雑木とも言われています。「久木地区」の地名は、どういう由来なのでしょうか?

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi