陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

睡蓮と蓮
085_convert_20110605171126.jpg

*スイレンは花が夜閉じて眠ったようになるので、漢名の睡をそのまま読んだ名である。また開花の時刻が未(ひつじ)の刻、すなわち午後二時ごろだという意味でヒツジグサの名もある。
                     「季寄せー草木花」(朝日新聞社刊)より


088_convert_20110605171415.jpg

白浜平草原公園のスイレンの池で撮りました。
近づけば近づくほどに美しい睡蓮の花です。

086_convert_20110605171225.jpg

「hosi-no com」さんによりますと、スイレンには温帯種と熱帯種があるようです。
このスイレンは温帯種のように私は思います。

睡蓮とは同じスイレン科の多年草です。
私にはその違いがはっきりしていませんでした。

そこで、上富田町岡の大賀ハスを観察に行きました。
以前、クマノミさんと観に行ったことがあります。

029_convert_20110606180223.jpg

まず葉が違います。
ハスの葉は水面高く伸びています。

035_convert_20110606180431.jpg

残念ながら、花芽はまだ出ていませんでした。
の花の開花は7月の中頃だそうです。
そのころにもう一度行ってみましょう。

      2011.6.6            くまお



20060318205857.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

あさのひかり(社長)さんへ
私は最近極度に視力が衰えて、見通しが利かなくなりました。
そろそろ眼科医へ行かなければなりません。
根菜は健康食品ですね。
私は先週カレーを作りました。昨日は冷凍していたのを食べました。
カレーには「福神漬け」が合いますね。カレー屋さんで食べる時は、「福神漬け」を
沢山取ります。
自宅ではカレーに「漬けらっきょ」を添えて食べています。
「福神漬け」も「漬けらっきょ」もカレーの時しか食べません。
普段は「しば漬け」や「たかな漬け」などです。どうしてそうなったのか、私はよく解りません。
社長さんはご自分で「福神漬け」を作るなんて、器用なんですね!
 くまお | URL | 2011/06/08/Wed 14:25[EDIT]
レンコンで見通せ!
素敵なオチ、恐れ入りました。
中国人移民が多いのでこちらでは根菜は近所の食料品店で手に入ります。
豚汁も煮しめも美味しいし体に優しいですよね。
今週末はまたカレーを作るのですが、福神漬けが日本食料品で高価なので自分で作ろうかと思っています。
あさのひかり(社長) | URL | 2011/06/08/Wed 02:09[EDIT]
あさのひかり(社長)さんへ
社長さんが仰られるように、「手が届かないからこその美しさ」なのでしょう。「高嶺の花」という言葉もあります。レンコンは美味しいですね。「煮しめ」には欠かせません。分厚いほどいいです。生の蓮根を売っているお店も少なくなりました。湯がいて薄く切り脱色したようなものが袋詰めで売られています。興ざめです。
レンコンの隙間は見通しが効くので縁起の良い食物と言われます。
大震災の復興と原発事故の収束の見通しを速く立ててほしいものですね。
 くまお | URL | 2011/06/07/Tue 17:25[EDIT]
睡蓮の名前の由来
初めて知りました。羊の刻に咲くからヒツジ草、というのもうなづけます。ロマンチックな花です。水の上にぽっと咲くのをただ眺めるしかないけれど、手に届かないからこその美しさでしょうか。
それでもレンコンの煮付けが食べたい、なんて思ってしまう私はまだまだロマンチストからはほど遠いようです。
あさのひかり(社長) | URL | 2011/06/07/Tue 14:54[EDIT]
さわさんへ
綺麗な睡蓮の花のような心になりたいですね。でも私の心は蠢いてばかりです。
私はさまざまな煩悩を追い払うことができないでいます。煩悩から抜け出すには、一心不乱に打ち込むことを見つけないとダメなのは解っています。でも、私はこれまで出来なかったことなので、これからも無理なことでしょう。煩悩を抱くことはまだ元気があることだと、自分で勝手に解釈してしばらく過ごしてゆくことにしています。
さわさんのように絵を描けるのはいいですね。私はクマノミさんが残していったデジカメを何とか使えるようになりました。
それでは また お元気で

 くまお | URL | 2011/06/07/Tue 11:05[EDIT]
バルキーさんへ
私は「モネの絵」を鑑賞する機会はありましたが、フランスの「モネの庭」には行っておりません。高知に「モネの庭」があることも知りませんでした。
北川村の「モネの庭」も、綺麗な花が四季それぞれに咲いて見せてくれるのでしょうね。
テニスの仲間のみなさんから「ダーリン」と呼んでもらい、若返った気分でテニスを始めた時のことが、本当に懐かしいです。あれから十年余の月日が流れて行きました。
バルキーさんのブログを読み、いつも笑いをいただいております。御嬢さんは大きく成長なされた以外は、みなさんは以前と少しもお変わりがないように私には思えます。
私はマイペースの生活を築けた暁には、あちらこちらと旅をしてみたいと思っています。
そのとき一度お訪ねしてみたいですね。
 くまお | URL | 2011/06/07/Tue 10:39[EDIT]
すばらしい写真ですね
きれいな、そして素晴らしい写真ですね。上富田町岡の大賀ハス、以前熊野古道を歩く途中立ち寄りました。蓮や睡蓮は、美しい花を咲かせますが、根は、泥の中で強く生きています。人間の心の中が、この泥であるならば、人間の顔はこの花なのでしょうか?心の中で悲しみや、怒り、等どろどろしているものが、顔はいつもと変わらない。悲しいけれど、人間の性なのでしょうか。なんて・・・・。さわちゃんらしくもなく、少し考えさせられました。
久しぶりに、花の絵を描きたくなりました・・・・。
澤竹 孝幸 | URL | 2011/06/07/Tue 06:57[EDIT]
モネの庭
高知の東のほうにある北川村に“モネの庭”があるのをご存じですか?
スイレンを描き続けたモネにちなんで、スイレンの庭が広がっています。
四季折々にはいろんな花が咲き、ゆっくり自然につつまれる感じがいいですよ!
一度きてみませんか!
バルキー | URL | 2011/06/06/Mon 22:39[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi