陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

Bonito(新鮮な)カツオの肝と心臓を食す
007_convert_20110616234950.jpg

           * Bonito(新鮮な)カツオの肝と心臓の煮つけ


塩焼きにする「真サバ」を富田のサニーマートへ買いに行きました。
地元産の大きな「真サバ」があり、買いました。

珍しく「カツオの肝と心臓」が、ワンパック出ていました。
カツオの肝と心臓」は子供の頃よく食べました。
尾鷲の方では、かつおの「心臓」を「ヘソ」と言ってました。
「ヘソ」は皿に山盛りにして売られていました。

田辺地方では、余程新鮮なものでないと店頭には出さない物です。
私はすでに夕食のための買い物は済ませていましたけれど、つい手が出てしまいました。

いつものように、酒とみりん、砂糖と醤油で味付けしました。
生姜の薄切りを入れて、臭み消しにしました。

帰省している娘も美味しいと言って食べていました。
私は「痛風の薬」を飲みながら、焼酎の湯割りで大変美味しくいただきました。

     2011.6.17           くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

あさのひかり(社長)さんへ
「Bonito」を使わせていただきました。ほんとうに「Bonito Bonito」でした。
私はつまるところ「酒飲み」なのです。酒を飲まないと食欲が進まない。
娘は酒飲みの私を心配しております。「肉はワイン、魚はお酒」と言っては、クマノミさんの分も飲ましてもらっています。やはり「酒の肴は魚」ですね。
 くまお | URL | 2011/06/18/Sat 13:13[EDIT]
酒の肴は魚
Bonito Bonitoですね!
新鮮であれば臓物も美味しくいただける煮物はまさに酒の肴。
こちらではイクラも数の子もタラコもウニもゲテモノ。煮干しなんてグロテスクでしかありません。美味しいのになあ。
あさのひかり(社長) | URL | 2011/06/18/Sat 10:49[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi