陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ピーマンとちくわのピリ辛炒め(さっぱり中華)
014_convert_20110822213527.jpg

新聞のレシピでは

    材料(2人分)

ピーマン     5個
ちくわ       2本
タカノツメ     2本
酒       大さじ1
しょうゆ    大さじ1
ゴマ油    大さじ1
はちみつ   小さじ1

① 味付けのための酒、しょうゆ、はちみつをまぜあわせておく。
② ピーマンは輪切り、ちくわは斜め切りにする。
③ 鍋にゴマ油をひき、タカノツメを炒めてから、ピーマン、ちくわを入れ、弱火でじっくりいためる。
④ ピーマンの香りが十分に出たら、①を加え味を調える。

とありました。

私ははなから大失敗しました。
①を作る時、しょうゆとゴマ油とはちみつを混ぜてしまいました。
酒とゴマ油を取り違えたのです。
混ぜてから間違いに気が付きました。

①は捨てるのはもったいないので、間違ったままで作ることにしました。
さらに酒も加えてまぜました。

まず、ゴマ油の代りにサラダ油でタカノツメを炒めました。
さらにピーマンを弱火で炒めました。
油を控えめにしたので、、火が通りにくいようでした。

ちくわを加えて炒めました。
弱火でじっくり炒めるのは辛抱が要ります。
油が少ないことを考慮して、鍋に蓋をしたりしました。
やっと炒めることが出来ました。

①の味付けを加えて、さらに炒めました。
ゴマ油の気を飛ばすため、すこし中火にしました。

やっと出来上がりました。

味は? 辛さと甘さのバランスもよく何とか成功しました。
ビールにもごはんのおかずにもよく合いました。
2人分のうち3分の2ほど食べてしまいました。

ミョウガを入れたしじみのおすましが、上述のさっぱり中華を引き立ててくれました。
もう少しで、さっぱり中華がさっぱりダメになるところでした。

    2011.8.22         くまお
 

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi