FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

虹立ちて
021_convert_20110917093237.jpg

           * 虹立ちて忽ち君の在る如し  高浜虚子


上掲の句のできた背景はこうです。
  
 鎌倉の病院に入院していた愛弟子森田愛子は、母親の住む三国(福井県)へ帰った。
昭和18年、虚子は旅行の途中、三国の愛子宅に立ち寄った。そのときが立った。
愛子は「今度が立ったらの橋を渡って鎌倉へ行きます」と言った。
翌19年、虚子は信州小諸へ疎開し、一日、が立ったとき、上掲の句とともに、
  浅間かけてのたちたる君知るや
  虹消えて忽ち君の無き如し
の句を作った。・・・・・
 愛子は昭和23年4月1日に永眠した。
  虹の上に立たば小諸も鎌倉も  愛子   
       
* 『俳句の解釈と鑑賞辞典』(尾形 仂編)より


024_convert_20110917093549.jpg

9月17日の田辺地方は、大雨警報が発令されていましたが、現在は解除されています。
白い雨脚が海上を通り過ぎたと思ったら、晴れ間になったりしました。
台風12号の被害に遭った山間部の方々は、気が気でないことでしょう。
明日は晴れの予報が出て、ほっとしています。
でも、明後日からはまた雨になりそうで心配です。


033_convert_20110917093655.jpg

子供のころ、虹の立ったのを見て「二時の間に三時」と言い合いました。
クマノミさんが千の風になって、1年と2ヵ月が経ちました。
クマノミさんの故郷が福井県だけに、「虹立ちて」の句に沁みじみしました。
美しくも儚い虹です。

    2011.9.17        くまお


20060315162118.gif



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

さわさんへ
おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
今日(18日)は晴れてよかったですね。

美しいものは儚いものですね。
私が子供のころは、さわさんのように純な気持ちは持ち合わせていませんでした。
なにせ、いたずらっ子でしたから。遊ぶのに熱中していました。
さわさんは清い心の方です。話していると、それを感じますよ。

私も旅をしたくなっています。
それでは また お元気で。
くまお | URL | 2011/09/18/Sun 08:36[EDIT]
虹・・・・。
子供の頃、虹の橋を登っていくことが出来ると、信じていました。虹は、短時間で消えてしまいます。だからこそ、その美しさに、人は色々な思いを馳せるのでしょうね。
短時間で消えてしまう、虹だからこそ、はかなさを感じさせるのでしょうね。
小さい頃、虹の向に何がある?清い心を持つ人には見える?小さい頃信じていた言葉です。今でも虹の向うが見えない私。清い心を持てない人間の性ですかね。
すみません、何か場違いなコメントを・・・?又 旅に出たくなりました。
さわちゃん | URL | 2011/09/18/Sun 08:20[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi