陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

熊野路と世界遺産「花の窟(いわや)」
006_convert_20111110131620.jpg

矢の川(やのこ)峠の峪に架かる千仭橋です。
トンネルや橋が出来る以前、道は峠の頂上を通っていました。
私の父親は尾鷲で二番目に早く車の運転免許を取得したと聞いています。

002_convert_20111110142837.jpg

戦前戦後の一時期、トラックやバスの運転手をしていて矢の川峠をよく越えたそうです。
年に何回か富士山が見えたとも言ってました。

遊び盛りの少年の私は、峠の途中にある大坪小坪あたりまでメジロを採りに行きました。
とても懐かしいところです。

007_convert_20111110131723.jpg

矢の川峠を越えて熊野市に入ると、いつもながら熊野灘が眼下に広がって来ます。

083_convert_20111110133038.jpg

鬼ヶ城の見える獅子岩の海岸で一休みです。
台風で打ち上がった流木が沢山寄せ集められていました。


036_convert_20111110134736.jpg

先を急ぐこともないので、しげよあゆみさんが薦めてくれていた世界遺産「花の窟」に立ち寄ることにしました。

030_convert_20111110131936.jpg

  * 木の国や花のいは屋に引く縄の長くたえせぬ里の神わざ  (本居)宣長

056_convert_20111110132852.jpg

境内は森閑としていて、神社の方もいませんでした。

039_convert_20111110132104_20111110134510.jpg

花の窟神社由緒書」では、

日本書紀に、「伊弉冉尊(いざなみのみこと)火神を生み給う時に灼かれて神退去(さり)ましぬ。故(か)れ紀伊国熊野の有馬村に葬(かく)しまつる。土俗(くにびと)此神の魂(みたま)を祭るには花の時(り)に花を以って祭る。又鼓 吹幡旗(ふえはた)を用て歌い舞いて祭る。」とあるそうです。

042_convert_20111110132705.jpg

さらに由緒書には、「花窟神社は古来社殿がなく、石巌壁立高さ四十五米。南に面し其の正面に壇を作り、玉垣で周う拝所を設く。」と説明されています。
高い窟を見上げる人に、窟の顔が微笑んでくれます。

お腹がすいてきましたので、この窟の南にある岩には行きませんでした。

088_convert_20111110133131.jpg

095_convert_20111110133235.jpg

紀宝町ウミガメ公園で昼食をとりました。

そして、新宮から本宮にかけての熊野川の惨状を再び目に留めました。
311号線の本宮から近露あたりの渓では、美しい黄葉が見られました。
熊野川の惨状を目にした疲れを癒してくれました。

229_convert_20111110133346.jpg

私は車を駐車しては、日が暮れかかった渓の美しい眺めを楽しみました。

235_convert_20111110134023.jpg

この時期、旧道をゆっくり散策するのもいいだろうなあと思いました。

マンションに帰ったのはちょうど午後5時でした。

   2011.11.7         くまお





248_convert_20111110181250.jpg







今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi