陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「湖東三山もみじ遊山」その5(佐川美術館)
221_convert_20111205114132.jpg

        * 病雁(びょうがん)の夜寒に落ちて旅寝かな  芭蕉


250_convert_20111205114504.jpg

「湖東三山もみじ遊山」一泊二日のバス旅行のホテルは、琵琶湖畔の「琵琶湖グランドホテル」でした。

236_convert_20111205114335.jpg

1200名ほどの宿泊客だったそうです。
私達は西館の部屋でした。
宴会場の名はなんと「芭蕉」でした。
宿泊の部屋は夜寒どころか暖房がよく効いて、パンツ一丁に浴衣で寝ました。

265_convert_20111206001725.jpg

翌朝、部屋のバルコニーに出ると、湖畔に立つ
台湾楓が朝日に赤く染まってきれいでした。


288_convert_20111205114926.jpg

朝9時にホテルを出発し、びわこ大橋を渡って、守山市にある「佐川美術館」を訪れました。

295_convert_20111205115037.jpg

広々としたシンプルな池と樹木が、美術館の展示館を取り囲んでいました。

301_convert_20111205115257.jpg

池の中央には、立ち上がった雄鹿のブロンズ像が置かれていました。

318_convert_20111205115417.jpg

西洋の美術館にも見られない、斬新な建築物に思われました。


まず、「平山郁夫館」に入りました。
仏教伝来をテーマに「シルクロードシリーズ」を描き続けた平山郁夫氏の作品展です。

今回は「平和の祈り」がテーマでした。
「サラエボ戦跡」(1996年)が展示されていました。
残念ながら、館内の展示物は撮影禁止でした。

平山郁夫の絵で最も印象に残った作品は、「髭の友人 エローランド」の素描でした。
墨線とわずかな水彩絵の具で描かれた顔で、その人の人生のすべてを表現し尽くしているように、私には思われました。
美術館発行のパンフレットの説明では、「素描は墨線で対象の形を描き、にじみ止めをせずに大胆に着色した水彩画」で、描き直しの出来ない真剣勝負の画法だそうです。

本画(日本画)では、「ガンジス河畔」(1971年)や「楼蘭の朝」・「楼蘭の夕」・「楼蘭の月」(1991年)の「楼蘭三景」が印象的でした。
牛やらくだのような四足の動物の絵は、足の動きの描き方がポイントになると思われます。
クマノミさんは平山郁夫画伯の絵を参考にして、らくだを壺に象嵌していました。
足の動きをうまく表現するのが、大変むずかしいと言ってました。

305_convert_20111205171621.jpg

次は、「佐藤忠良館」を鑑賞しました。
「ブロンズの詩」がテーマでした。
私にとって、彫刻は解りやすいようで、その良さが解りにくい分野です。


309_convert_20111205144402.jpg

「国宝梵鐘・所蔵作品展」も観ました。

国宝の梵鐘は、次のように説明されていました。

「この梵鐘は平安初期の天安2年(858年)の銘があります。銘文によると、 元比叡山西塔にあったものです。鐘全体のシルエットが直線的で、丸みのない作風は日本の他の鐘にはほとんど見られないものです。」

梵鐘の近くのボタンを押すと、録音された鐘の音が展示館内に響きました。
大変良い音色でした。

所蔵作品の中では、加山又造の「猫」が素敵でした。


317_convert_20111205144735.jpg

「樂吉左衛門館」は、B1にある大きな展示館でした。
十五代樂吉左衛門氏の2000年以降の花入れが展示されていました。
和洋を融合したような花入れでした。
それ以上のことは、私には解りませんでした。


304_convert_20111205115143.jpg

シンプルで広々とした庭池と展示館がよく調和して、私の心を清涼感で満たしてくれました。
大いに満足をして、佐川美術館をあとにしました。

バスは最終コースの「近江八幡市の街歩き」に向かいました。

    2011.11.26         くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

やよいさんへ
私はバス旅行に同行させていただきながら、勘違いしていました。
コメントのお返事が変なことになってしまい、誠に申し訳ありませんでした。

楽しいバス旅行ありがとうございました。
これからも旅行などにお誘いいただければ嬉しいです。
くまお | URL | 2011/12/23/Fri 17:58[EDIT]
やよいさんへ
おはようございます。
拙いブログをお読みいただきありがとうございます。
そして、コメントまでいただきました。

パソコン教室での勉強はいいですね。
私は我流でやっていますので、何をするにも時間が掛かってしまいます。
いい方法を知らないままやっているからです。

あなたも佐川美術館に行かれましたか。いい美術館でしたね。
旅行は元気でないと楽しめません。
行けるうちに、いろんなところへ旅行してください。
「百聞は一見に如かず」です。

上記の私のMailアドレスを利用してくださってもいいですよ。
それでは お元気でお過ごしください。

くまお | URL | 2011/12/08/Thu 09:42[EDIT]
湖東三山のブログを見ました
今、パソコン教室でインターネットの勉強をしています。

紅葉と佐川美術館、思い出しています。楽しい旅行でした。ありがとうございます。 v-34
やよい | URL | 2011/12/07/Wed 15:33[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi