陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

谷間の花(バイカオウレンとセりバオウレン)
DSCF6585_20170228224819b7e.jpg

             * 谷間にひっそりと咲くバイカオウレン


2月28日(火)、山友達に誘われて、バイカオウレンの観賞に出かけました。
6人が二台の車に分乗して、田辺市野中の長井地区に赴きました。

DSC_1063.jpg

バイカオウレンは、清水流れる谷間に群生していました。
このように群生しているのは、なかなか見られないそうです。
持ち主の方が、丹念に守って来られたのでしょう。

DSC_1059.jpg

バイカオウレン(梅花黄連)は、ほんとうに小さくて可憐な山野草です。

DSCF6565.jpg

アップにしてみました。

DSC_1082.jpg

ラッキーなことに、同じ場所にセリバオウレンも咲いていました。
葉がセリに似ています。
これまた、小さくて可憐な花で、まるで星をちりばめたようでした。

DSC_1029.jpg

蕗の薹も顔を出して、山村に春の到来を告げていました。

DSC_1089.jpg

土地の持ち主の方が、コーヒーや切干いもで私達をもてなしてくれました。
長井地区のことも話してくれて、親切が身に沁みました。

長居をした後、親切なご夫婦に別れを告げて、私達はさらに奥へ車を進めました。
山奥では山林伐採が行われて、バイカオウレンの生育地がなくなって来ているようでした。

DSC_1127.jpg

途中にあった塩竈神社を訪ねました。

DSC_1132.jpg

人気のない山中にも拘らず、丁寧に祀られていました。

その後、車は近露の交差点近くに出ました。
ランチをしようと、栗栖川の国道をはずれてた山道を上りつめましたが、お店は満員御礼でした。
そこで、高原の対岸にあるカフェ・ド・リッカに予約を入れてから、向かいました。
ここも相当な高台にありました。

DSC_1169.jpg

豪華な門扉の付いたカフェでした。

DSC_1170.jpg

カフェ・ド・リッカは、陶芸家の二貝氏が経営しているお店でした。

DSC_1176.jpg

アプローチの煉瓦塀には、二貝氏制作の素敵な陶板画が、嵌め込まれていました。

DSCF6594_201702282248192cc.jpg

私は「花より団子」で、ノンアルコールビールと美味しい昼食をいただきました。

DSCF6598_201702282249249ce.jpg

食器類のほとんどは、二貝氏の作品でした。

食事の間に、めだかの学校の生徒さんが、奥様を伴ってやって来られました。
私が初めて来たところで、ばったり出会うなんて奇遇でしかありません。
熊野古道が世界遺産になったことで、この地域がずいぶん賑やかになったものだと、私は思いました。

ともあれ、天気も良く、珍しい山野草を観賞することができて、とても良い一日でした。

   * コセリバオウレン(小芹葉黄連)は、黄色の根が連なるので「黄連」の       名がついたという薬草。バイカオウレン(梅花黄連)は、オウレンと名がつくが、根が小さいので薬草にはならないという。   (『熊野花草志』より)

     2017.2.28                くまお

追記1

カメラからパソコンに画像を取り込むと、小さな花の画像がいまいちでした。
マクロレンズを買わねばという思いが強くなりました。

追記2

同行した方の素敵な画像を転送してもらいましたので、下に紹介します。
キャノンのマクロレンズで撮った画像です。

IMG_0787.jpg

IMG_0808.jpg


追記3

セリバオウレンとコセリバオウレンの違いは、葉で見分ける。
セリバオウレンは2回3出複葉、コセリバオウレンは3回3出複葉となっていました。
花茎はセリバオウレンの方が長い。
長井地区で観賞したのは、セリバオウレンのようです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

観梅(田辺石神梅林)
DSC_1016.jpg

                * 満開の田辺石神梅林


2月25日(土)、三栖王子跡から石神梅林へ向かいました。
石神梅林はナビには出てきませんでした。
以前に中辺路町まわりで行った記憶があったので、そちらから回ることにしました。
でも、行けども行けども石神梅林への表示が出てきません。
とうとう水上トンネルを抜けて、龍神の柳瀬まで行ってしまいました。
仕方なく虎が峰を越えて、秋津川方面へ下って行きました。
奇絶峡のトンネルの手前で、やっと石神梅林への表示が出てきました。

DSC_0910.jpg

6㎞ほど細い道を走ると、見慣れた石神梅林の上に出ました。

DSC_0914.jpg

梅林の駐車場に到着したのは、正午を過ぎていましたので、まず昼食にしました。
石神邑売店でうどんを食べ、梅エキスと梅ドレッシングを買ってから、散策を始めました。
土曜日とあって、かなりの人出でした。

DSC_1003.jpg

とりあえず、坂を上って行くと、

DSC_0996.jpg

一塊になった石神地区の民家が、梅林に埋もれるように見えました。

DSC_0970.jpg

さらに、紀州天満宮の御宮まで上ってみました。
遠くに海が見える素敵な眺望なのですが、画像に写し出せません。

午後2時から、「日本共産党演説会」がありました。
田辺市議選に立候補予定の「前田かよ」さんに、集会への参加を頼まれていました。
マンションには戻らず、そのまま紀南文化会館に行きました。
開会直後、津軽三味線の演奏がありました。
三味線の音色に聴き惚れて目を閉じると、先に訪れた三栖王子跡の河津桜と石神の梅林が、瞼に浮かんできました。
「平和であればこそ今日がある」と、実感しました。
集会が終わり、マンションに戻ったのは午後4時過ぎでした。

    2017.2.25                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

晴れて三栖王子跡へ
DSC_0863.jpg

                 * 三栖王子跡の河津桜


2月25日(土)は、風もなく晴れました。
午前10時出発して、まず三栖王子跡へ行きました。

DSC_0832.jpg

陽は左肩より射していました。
とても濃い桜色の花です。

DSC_0829.jpg

梅の花も咲き競っていましたが、くらべものではありません。

DSCF6556_201702261156123b9.jpg

しばらくすると、たくさんの目白が蜜を求めて集まって来ました。
でも、目白たちは忙しく枝から枝へと飛び回ります。
カメラに収めるのは難しいので、途中であきらめました。

DSC_0874.jpg

目白に比べ蜜蜂さんは、カメラ教室の優等生です。
春の日ざしを浴びて翅を動かしながらも、しばらくは花に留まってくれます。

DSC_0888.jpg

晴れて河津桜の美しさを堪能した後、田辺石神梅林へ向かいました。

    2017.2.25               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

三栖王子跡の河津桜
DSC_0761.jpg

  * 待ち来つる八上の桜咲きにけり荒くおろすな三栖の山風  西行


2月21日(火)、午後4時過ぎになって、ぶらりと外出しました。
河津桜が咲いている頃だろうと思って、三栖王子跡へ行ってみました。

DSC_0794.jpg

ああ残念、河津桜は咲いていましたが、日は傾いて日陰になっていました。
夕陽が僅かに桜のこずえに射していました。

DSC_0719.jpg

まだ、しばらくは見頃のようですので、後日再挑戦します。
昨年はここで、花②さんとひょっこり出会ったのを思い出しました。
花②さんのことですから、明日あたり訪れるかもしれません。

帰りに、エバーグリンに寄って、赤白のワインを買いました。

     2017.2.21             くまお

追記

DSC_0514.jpg

昨日は空気が澄んで、四国の山々が間近に見えました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

早春の白浜平草原公園
DSC_0456_20170220164111901.jpg

           * 山路きて何やらゆかしすみれ草  芭蕉

2月19日(日)は、陽春の天気でした。
午前中、久しぶりに白浜平草原公園に行きました。
トリムコースで、可憐なすみれ草をみつけました。

DSC_0476.jpg

鑑賞用の紅白の梅が咲いていました。
木にコケが付いて、樹勢が衰えているのが気になりました。

DSC_0437.jpg

椿の花は、藪陰でひっそりと咲いていました。

DSC_0431.jpg

八つ手です。これから咲く花なのでしょうか、それとも実なのでしょうか?

DSC_0445.jpg

天気がよくて、トリムコースも絵になります。

DSC_0463.jpg

見晴らし台からの円月島です。
風がかなり吹いていました。

午後から上富田テニスがあるので、正午過ぎに帰宅しました。

     2017.2.19             くまお

追記

昨日、とれとれ市場の酒店は特売日でした。
焼酎を「しこたま」買いました。
一箱(2リットルパック6本入り)のお持ち帰りは、大変重かったです。

DSCF6474_20170220163524c50.jpg

帰りに、内之浦湾に迷い込んだというイルカを探しに立ち寄りました。
イルカの姿は見当たりませんでした。
プレジャーボート係留場の梅の花は、満開でした。
イルカも花見に立ち寄ったのかな?

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

観梅(岩代大梅林)
DSC_0163_20170217223435b22.jpg

         * 一面霞がかかったような満開の岩代大梅林


2月16日(木)の午前中、新しいカメラの故障でケーズ電気店に行きました。
店員さんに相談したところ、SDカードの不具合と判り、カメラの故障でなくてほっとしました。
新たにSDカードを買い、勇んで岩代大梅林へ向かいました。

途中、岩代のテニスの先輩を訪ねました。
近くの喫茶店で昼食中で、私もお相伴にあづかりました。
昼食後、先輩宅に立ち寄り、ミカンや野菜を沢山いただきました。
それから、午後1時半頃、岩代大梅林に到着しました。

DSC_0125.jpg

入園する前に、南面の高台に登ってみました。

DSC_0143.jpg

次に、駐車場の手前から眺めてみました。
その後、入園料と駐車代金を払い、売店で芋餅とミニトマトを買って、散策に出かけました。

DSC_0158.jpg

DSC_0164.jpg

岩代大梅林」の大断幕をくぐるとすぐに、大梅林を見下ろすビューポイントに出ます。
一面に霞がかかったような光景が目に入って来ました。
どの梅園も満開のようです。

DSC_0184 - コピー

坂道を下り、梅林に入りました。
梅の花の「とんねる」を何枚も撮りました。
離れて撮るのが良いようです。

DSC_0203.jpg

青空に、花が引き立ちます。

DSC_0251.jpg

二時間余り、梅の花園をさまよった後、駐車場に戻りました。
売店に寄ると、たくさんあった芋餅は、すでに「かんばい」になっていました。

    2017.2.16            くまお

追記

DSC_0108.jpg

DSC_0112.jpg

テニスの先輩の山に、何本か河津桜が咲いていました。

DSC_0401.jpg

その日の神島の夕景です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

観梅(みなべ梅林)
DSC_9759.jpg
 

   * 残りたる雪にまじれる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも  大伴旅人

     ( 残っている雪にまじって咲いている梅の花よ どうぞ早く散らないように 

     たとえ雪が消えても)             (万葉集 巻5ー849)


2月13日(月)、稲成歯科に通院したついでに、南部(みなべ)梅林へ行きました。
阪和高速を利用して、10分少々で駐車場に到着しました。
梅林に入園してすぐに、出店で肉うどんを食べました。
そして、5、6分咲きの山路を、南部梅林梅公園まで上りました。

DSC_9775.jpg

梅公園の紅白の梅は満開でした。
鑑賞用の梅の花です。

DSC_9783.jpg

ウグイスならぬジョウビタキが、人目を引くように飛び回っていました。

DSC_9795.jpg

陽だまりの梅畑は咲きそろって、霞がかかったようでした。

DSC_9817.jpg

梅公園から散策Aコースへ向かいました。

DSC_9820.jpg

散策Aコースは、梅公園を見下ろせる丘へ続いていました。

DSC_9873.jpg

DSC_9890.jpg

晴の天気とはいえ、かなり厚い雲が出ていました。
日差しを待っては、梅林に入りシャッターを切りました。

DSC_9905.jpg

DSC_9842.jpg

出店のおばさんも言っておりましたが、満開よりも5、6分咲きの花がきれいでした。

DSC_9917.jpg

DSC_9957.jpg

梅の花に埋もれるように、農家が点在しています。
「一目百万、香り十里。」と称される、日本一の梅の里です。

DSC_9970.jpg

やわらかい芋餅を三つ買いました。

DSC_9856.jpg

南部梅林で二時間ほど過ごし、高速道路を通って帰宅しました。

     2017.2.13               くまお

追記

鳥の名をアカショウビンと記していましたが、ジョウビタキでした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅の花便り(2)
DSCF6321.jpg

              * 田辺市新庄町跡の浦の東光寺

2月2日(木)、晴れ間を見計らって、東光寺に行きました。

DSCF6317_2017020216282365d.jpg

鐘楼下の白梅は満開でした。

DSCF6370.jpg

八重咲きなので、ボタン桜のように豪華です。

DSCF6341_20170202162823c26.jpg

DSCF6378.jpg

門前の紅梅も咲きだしました。

DSCF6336.jpg

東光寺梅の花は、今が見頃です。

    2017.2.2                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新庄公園の春
DSC_8660.jpg

           * 紅梅の紅のただよふ中に入る  吉野義子


1月26日(木)のお昼前、新庄公園に立ち寄りました。
花②さんが紹介されていた美術館横の紅梅は、満開でした。

DSC_8635.jpg

子供のくにのとんがり帽子は、澄み切った青空に映えていました。

DSC_8654_20170127214428878.jpg

花の坂道を下りて池に行くと、鴨たちが昼寝をしたり、遊び興じたりしていました。
いつもだと、人の気配を感じてガアガア鳴きながら、池の奥へ逃げて行きます。
今日は、のんびりムードに浸っていました。

DSCF6277.jpg

DSCF6288.jpg

池の辺の陽だまりで、気持ち良さそうに昼寝をしている鴨たちです。

DSCF6298.jpg

久しぶりに春の日差しが感じられました。
一週間後は、立春(2月4日)ですね。

    2017.1.26         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅の花便り(1)
DSCF6228.jpg

             * 田辺市跡の浦 東光寺の白梅


1月19日(木)、歯医者さんへの帰り道、跡の浦の東光寺さんに立ち寄りました。
鐘楼下の白梅は、ちらほら咲いていました。

DSCF6216_20170119212312ebe.jpg

ここはちょうど陽だまりになっていて、はやく咲きだします。
山門脇の紅梅は、蕾はふくらんできていましたが、まだ開花していません。

DSCF6218_201701192123135a5.jpg

この画像は、フジフィルムのカメラで撮っています。
ニコンのレンズ24~120mmでは、花モードにしても写りはよくありません。
そこで、マイクロレンズの購入を考えていますが、どれがいいか決めかねています。

みなべ梅林は、1月28日(土)に開園します。

   2017.1.19               くまお

追記

  梅の花たが袖ふれしにほひぞと春や昔の月に問はばや  源 道具 

 * この梅の花のゆかしい匂いは、いったいだれの袖が触れたための移り香なのだろうかと、昔、恋人をしのんで男が嘆いたことを知っているはずのあの月に尋ねてみたい。(『和歌の解釈と鑑賞事典』旺文社より)

まだ寒さの続く春の夜は、ロマンチックな夢でも見たいものです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi