陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

上富田町生馬のさくら
s-DSC_7567.jpg

                 * 上富田町生馬のさくら

3月24日(土)、田辺の錦水神社から生馬の桜を観に行きました。

s-DSC_7608.jpg

s-DSC_7577.jpg

生馬川の土手の、十本ほどのソメイヨシノは満開でした。

s-DSC_7580.jpg

私は毎年やってきます。

s-DSC_7609.jpg

土手の傍らに、一台の駐車スペースがあります。

s-DSC_7637.jpg

もう少し川に水量があればいいのになあ。

s-DSC_7620.jpg

ついでに、鳥渕のしだれ桜まで行きました。
樹勢は回復しておりません。

s-DSC_7625.jpg

お庭はいろいろな花で満たされています。
おばあさまも元気そうでした。

卒塔婆トンネルを抜けた道路沿いの桜並木は、まだ三分咲きほどでした。
何年か前、花芽を鳥に食われて、まったく花が見られない年がありました。
今年は花付きがよく、楽しめそうです。

     2018.3.24            くまお
    

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

高山寺のさくら
s-DSC_7521.jpg

                  * 高山寺のさくら

3月24日(土)、リハビリを終えて、久しぶりに外食しました。
外食といっても、中華丼(530円)を食べただけでしたが。
その後、花②さんの後追いで、高山寺へ行きました。

s-DSC_7475.jpg

お寺の入口の桜は、満開でした。

s-DSC_7510.jpg

             * 多宝塔横の五分咲きのソメイヨシノ

s-DSC_7496.jpg

            * 池のふちに密やかに咲くシャガの花

池の周りを一回りすると、著莪の花は密やかに咲いていました。
シャガの花は夏の季語なんですが。

s-DSC_7504.jpg

モミジの若葉とさくらの花のコントラストがいい。

s-DSC_7520.jpg

キツツキが木をつつく音がする。
観察する家族に交じって、私も撮る。
こんな時、望遠レンズが欲しくなる。

s-DSC_7539.jpg

お墓参りの人たちに出会った。
今日は春の彼岸だったのです。

s-DSC_7534.jpg

枝垂桜の花は、咲き初めでした。

s-DSC_7561.jpg

錦水神社の桜を観た後、例年早く咲く生馬へ車を走らせました。

      2018.3.24             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ヴィラの花見
s-DSC_7403_201803242253593ce.jpg

                 * リゾートヴィラのさくら

桜の便りがあちらこちらから届いてきます。
左足のリハビリ中で、遠くへ出かけるわけにはまいりません。
そこで、ヴィラの花見をしました。

s-DSC_7400.jpg

満開とはゆきません。五分咲きくらいでしょうか。

s-DSC_7420.jpg

                  * ブライダルホール「祥」

s-DSC_7431.jpg

s-DSC_7433.jpg

夕陽が傾いてきました。

s-DSC_7375.jpg

ヒドリガモたちは元気に遊泳していました。

s-DSC_7438.jpg

s-DSC_7462.jpg

夕日は西空を茜色に染めながら沈んでゆきます。
足の痛みも和らいできました。

      2018.3.23             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

山茱萸の花など
DSC_7186_20180317100345d61.jpg

       * さんしゆゆの花のこまかさ相ふれず  長谷川素逝


現在、私は足の痛みで安静を命じられています。
したがって、先日の新庄公園散策の余録を綴ります。

DSC_7187.jpg

美術館横の山茱萸(さんしゅゆ)の黄色い花が、枝一杯に咲いていて、春の暖かさを感じさせてくれました。

新庄公園を一回りしました。
春を告げる花々が、あちらこちらに咲きだしていました。

DSC_7199_2018031710044290d.jpg

DSC_7195.jpg

DSC_7225.jpg

DSC_7141.jpg

DSC_7173.jpg

DSC_7158.jpg

DSC_7196.jpg

DSC_7148.jpg

DSC_7203.jpg

花の名を確かめもせず、撮って回ったのでした。

   2018.3.17               くまお

追記

3月17日の夕日

DSC_7258_201803171845376b4.jpg

DSC_7260.jpg

白浜空港へ着陸する飛行機が、目の前をよぎりました。

DSC_7263.jpg

DSC_7276.jpg

四国の山脈が、くっきりと見えました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

白木蓮・雪柳・櫻花
DSC_7100_20180314221106cf4.jpg

                * 新庄公園の白モクレン


3月13日(火)の午後、新庄公園を散策しました。

DSC_7080.jpg

一本の白モクレンが、清楚な姿を見せてくれました。

DSC_7096_20180314221030bac.jpg

マクロレンズで撮りました。

DSC_7093.jpg

ちょうどいい時にやってきたものです。

DSC_7048.jpg

DSC_7049.jpg

雪柳も、白モクレンと白さを競うかのように、春の陽光に輝いていました。

DSC_7101_20180314221029184.jpg

早咲きの桜もあり、

DSC_7117_20180314221107fc2.jpg

ミツバチは元気よく飛び回っていました。

    2018.3.13                くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

三栖王子社跡の河津桜と石神梅林
DSC_6996.jpg

               * 三栖王子社跡河津さくら


3月12日(月)、ブログ仲間のしんがりを受けて、三栖王子社跡へ出かけました。

DSC_6987.jpg

すでに、半ば葉桜でした。
でも、濃いピンクの花の中に、新緑の若葉が映えてきれいでした。


次に、石神梅林へまわってみました。

DSC_7044_20180312221443e8b.jpg

昨日閉園したところで、観梅客はほとんどいませんでした。
数人の撮影隊がドローンを飛ばして、石神の里の撮影をしていました。

DSC_7029.jpg

DSC_7014.jpg

名残の観梅をして、静けさを取り戻した石神の里を去りました。

   2018.3.12              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

春の日のひととき
DSC_6811_20180306112812a2a.jpg

              * 田辺市跡の浦湾での若芽採り


3月4日(日)は春らしい陽気でした。

DSC_6821.jpg

マンションから海岸プロムナードに下りてゆきました。
ヒドリガモたちは、穏やかな波に遊泳していました。

DSC_6838.jpg

岸辺では、しきりに餌の海藻を漁っています。
黒っぽいのは、幼鳥のようです。

DSC_6866_201803061151107ef.jpg

ヴィラのポーチでは、蔓日日草が咲きだしました。

DSC_6874_2018030611291154d.jpg

パンジーが植栽された木桶に、小さな花を見つけました。

DSC_6875.jpg

これも名もない雑草なのでしょう。
パンジーの鮮やかな色が、引き立たせてくれています。

DSC_6878_2018030611511088c.jpg

極楽鳥花の色も鮮やかです。

DSC_6859_20180306114540971.jpg

午後のテニスまでの時間、のんびりと過ごしました。

       2018.3.4            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

春の息吹ー蕗の薹
DSC_6897.jpg
   
          * ほとばしる水のほとりの蕗の薹  野村泊月


3月5日(月)は、雨風の強い日でした。

DSCF8808.jpg

午後、冨里の方が蕗の薹を届けてくれました。
マンションの部屋は春の息吹に満たされました。

DSC_6892.jpg

 「フキの薹は植物名ではなく、ちょうどキクの花というようなものである。フキはキク科の多年草で山野に野生し、雌雄異株の植物であるから、フキの薹にもまた当然雌雄の別があるが、このことを知っている人は案外少ないようである。・・・・・」(『季寄せー草木花』朝日新聞刊)

私には雌雄の区別はつきませんが、雄花の開き具合が広いようです。

蕗の薹は天ぷらにしていただくのが一番いいのですが、独り身では面倒なことです。
以前、同僚に「蕗の薹の佃煮」をいただいたことを思い出しました。

DSCF8812_20180305231355d98.jpg

さっそくレシピをネットで調べて、作ってみました。
香りがよくて、酒の肴にぴったりでした。

   2018.3.5              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ふたたび南部梅林へ
DSC_6684.jpg

             * 家族連れでにぎわう南部梅林


2月27日(火)、再び南部梅林に出かけました。

DSC_6613.jpg

学生時代を過ごした地に、同じ時期に住んでおられた方が白浜に越してきています。
 「朋有り、遠方より来たる、亦楽しからずや。」(『論語』)で、探梅にご案内しました。

DSC_6696.jpg

好天に恵まれて、大勢の探梅客でにぎわいました。

DSC_6650.jpg

梅公園では、紅白の花が咲きそろっていました。

DSC_6659.jpg

DSC_6670.jpg

まさに、「一目百万、香り十里の南部梅林」でした。

     2018.2.27              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

南 部 梅 林
DSC_6379.jpg

            * 一目百万、香り十里の梅の里

DSC_6290.jpg

  * 春されば木末隠れて鶯ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝に  山口若麿

      (春になると 梢に隠れて 鶯が鳴いて行く 梅の下枝に)

                            ー万葉集巻五 827-


2月20日(火)、春の陽気に誘われて、ふらりと南部梅林へ行ってみました。

DSC_6597.jpg

DSC_6291.jpg

DSC_6296.jpg

DSC_6298.jpg

公園までの坂道には、梅干しや芋餅などのお店が並んでいます。

DSC_6314.jpg

一軒の茶店に入って芋餅を買い、腹ごしらえに肉うどんを食べました。

DSC_6335.jpg

平日でしたが、観光バスも何台かやってきて、梅林は賑わいました。

DSC_6333.jpg

坂道を上るにしたがって、彼方に海が開けてきます。

DSC_6353_20180226174317fab.jpg

DSC_6361.jpg

梅公園では、紅梅・白梅・枝垂れ梅などの花が、観客の目を楽しませていました。

DSC_6400_201802261801212a6.jpg

私は梅公園からさらに、駐車場まで3.2kmあるAコースの道へ向かいました。

DSC_6444.jpg
DSC_6440.jpg

DSC_6458.jpg

DSC_6502.jpg

陽だまりの梅畑は七・八分ほどの開花でした。

DSC_6477.jpg

DSC_6485.jpg

陽だまりの梅畑には、蜜蜂の巣箱が置かれていたが、蜜蜂たちはまだ巣箱の近くだけを飛んでいる状態でした。
カメラを向けていると、数匹の蜂に攻撃されました。

DSC_6531_2018022618120107a.jpg

DSC_6545.jpg

人家は梅の花に埋もれるように点在しています。

DSC_6567_201802241631461ad.jpg

DSC_6578.jpg

晩稲(おしね)の里に下りてきました

DSC_6576.jpg

梅干しが天日で干されていました。

約4kmの探梅コースを終えて、午後2時ころマンションに帰りました。

       2018.2.20           くまお

追記

その後、体調を崩してしまい、ブログを綴るのが遅くなりました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi