陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

加太・友ヶ島行(その3)
DSC_3001_20170404182734114.jpg
 

              * 波静かな友ヶ島 野奈浦


4月3日(月)、タカノス山展望台から第3砲台跡へ向かいました。

DSC_2994.jpg

山路には、椿の花が頭上高く咲いていました。

DSC_3017.jpg

第3砲台跡は6ヶ所ある砲台跡の中で、最大規模のものです。

DSC_3019.jpg

懐中電灯を照らして、奥まで進んで見ました。

DSC_3022.jpg

一緒になった三人の娘さんを脅かしたりしては、探索しました。

DSC_3033.jpg

午後3時発の定期便に乗るべく、野奈浦広場に戻りました。

DSC_3041.jpg

三々五々、乗客が広場に集まって来ました。

DSC_3037_201704041504396ee.jpg

だが、午後3時の定期便は、なかなか姿を見せません。

DSC_3055.jpg

15分過ぎた頃、やっとやって来ました。
3時半の臨時便と一緒になって、出航しました。
急ぐことはなかったので、まあいいか。

帰りも和歌山ICで高速に乗り、午後6時頃マンションに戻りました。
天気に恵まれて、とても良い行楽となりました。

         (説明は和歌山市観光課発行のパンフレットを参照しました。)

      2017.4.3              くまお

20061104212516.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

加太・友ヶ島行その2)
DSC_2892.jpg

           * 友ヶ島先端部の虎島(砂岩の傾斜した地層)


4月3日(月)、午前11時過ぎに出航した友ヶ島フェリーは、島の先端部(虎島)を過ぎって、

DSC_2907.jpg

友ヶ島の野奈浦桟橋に到着しました。

DSC_2914.jpg

島内散策マップに沿って歩きました。

DSC_2920.jpg

黄色の小菊のような花が春の陽光をあびて、一面に広がっていました。
ああ、なんと良い日にめぐりあわせたものだ。

DSC_2930.jpg

まず、第2砲台跡に着きました。
友ヶ島は、明治時代から終戦まで大阪湾を防衛する由良要塞の拠点の一つとして、旧陸軍により使用されていました。

DSC_2941.jpg

終戦後、砲台は取り壊され、大砲は処分されましたが、島には今も砲台跡や弾薬倉庫跡などがあります。

DSC_2946.jpg

DSC_2957.jpg

しばらく歩むと、明治5年(1872年)築の友ヶ島灯台と子午線広場がありました。
ここで、昼食休憩をとりました。

DSC_2969.jpg

灯台のすぐそばには、第1砲台の横穴が残っていました。

DSC_2975.jpg

島の南にある孝助松海岸です。
潮だまりがあって、磯あそびが出来ます。

DSC_2973.jpg

小さな池は蛇ヶ池です。

DSC_2991.jpg

DSC_3007.jpg

タカノス山展望台(119.90m)の眺めです。

DSC_3005.jpg

向こうに見えるは淡路島。
紀淡海峡を貨物船が往き来します。
ここまでで、1万歩以上でした。
小休止しました。

     22017.4.3            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

加太・友ヶ島行(その1)
DSC_2856.jpg

          * 明るさに顔耐えている流し雛  榎本冬一郎

4月3日(月)は晴天に恵まれました。
かねて予定していた加太・友ヶ島行に出かけました。

DSC_2870.jpg

午前8時に出発し、加太の港に10時過ぎに到着しました。

DSC_2867.jpg

11時発の友ヶ島フェリーにはまだ間があったので、近くの淡嶋神社にお参りしました。

DSC_2860.jpg

3月3日の雛流しで有名な神社です。

DSC_2848.jpg

DSC_2846.jpg

DSC_2849.jpg

社殿内には、沢山の人形が奉納されていました。

DSC_2861.jpg

境内には、田辺市出身の俳人榎本冬一郎の句碑が建っていました。
11時前、淡嶋神社からフェリー乗り場に戻りました。

DSC_2879.jpg

フェリー「ともがしま」に乗り込みました。
53名定員の船内は、乗客でいっぱいでした。

DSC_2883.jpg

フェリーは白波を立てて、20分あまり沖にある友ヶ島に向かいました。
湾内の堤防では、たくさんの人達が釣りを楽しんでいました。
本日は空碧く波静かで、春の行楽にふさわしい上天気でした。

       2017.4.3               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マイクロレンズの試し撮り(2)
DSC_2162.jpg

          * 文里のテニスコートの片隅に咲くすみれ草


3月17日(金)、文里のコートでテニスをしました。

DSC_2175.jpg


テニスの合間に、マイクロレンズ試し撮りをしました。

DSC_2198.jpg

コート裏の霊園では、お彼岸の吹き流しが、強い風に勢いよく靡いていました。

午後はめだかの学校に通いました。
学校から戻り、海岸プロムナードを散歩しました。

潮の引いた磯辺に下りて見ると、

DSC_2218_201703181036088ff.jpg

DSC_2244.jpg

牡蠣殻に付いた貝や、岩の窪みに身を寄せ合った小さな貝を見つけました。

DSC_2226.jpg

DSC_2225.jpg

貝の化石のような岩や狐の顔をした岩影もありました。

DSC_2261.jpg

マイクロレンズは風景も撮れます。
夕日が沈み、マンションの部屋に戻りました。

    2017.3.17              くまお

追記

DSC_2277.jpg

散歩中に採取した明日葉(アシタバ)です。
ほうれん草と一緒に、ごま和えにしていただきました。
アシタバはやや苦みはありますが、栄養価の高い野草です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マイクロレンズ試し撮り
DSC_2109.jpg


3月14日(火)、晴れ間がありましたので、マイクロレンズの試し撮りをしてみました。

DSC_2027.jpg

新庄公園のリナリアです。

DSC_2021.jpg


撮っても撮っても、ぶれが生じてしまいます。

DSC_2074.jpg

東光寺の白木蓮です。
24~120㎜レンズとあまり大差がありません。

DSC_2052.jpg

東光寺の緋寒桜の落花です。
まあまあです。

105mmのマイクロレンズで、30cm以内の接写は出来ません。
焦点の合わせ方がいまいちわかりません。
三脚を使わず、うまく撮れるように練習しなければ。

2017.3.14             くまお

追記

DSCF6698_20170315002522682.jpg

本日の炊き込みご飯は、やや柔らかくなってしまいました。
料理はフジフィルムの花シーンで撮ります。

DSCF6687.jpg

アオサギの親子が小山島で日向ぼっこをしています。
フジフィルムの望遠で撮りました。
フジフィルムのカメラもまだ役に立ちそうです。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

富田の浜の夕景
DSC_1503.jpg

               * 波穏やかな富田の浜の夕景


3月6日(月)の夕刻、久しぶりに「もちがつお」が食べたくなり、富田のサニーマートへ出かけました。
もちがつお」は入荷していませんでした。
娘に送るネーブルを二袋買った後、中村地区の菜の花畑に寄ってみました。
菜の花畑は昨年ほどの規模ではなく、夕陽も陰ってしまっていました。
そこで、夕陽の沈もうとしている富田の浜に行きました。

DSC_1454.jpg

前回は駐車場を間違えて慌てたので、今回は良く確かめて駐車しました。
浜に出ると、夕日はちょうど沈むところでした。

DSC_1551.jpg

薄暮の中、鳥はねぐらに帰って行きます。

DSC_1558_20170306214648a6f.jpg

波穏やかで、明日は好天気になりそうです。
今回はしっかりと駐車場を確認していたので、慌てることなく帰ることが出来ました。

美味しい「もちがつお」は、次回のお楽しみといたします。

   2017.3.6              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

「早春の風立ちやすし夜は荒び」(弘)
DSC_9542.jpg


2月6日(月)は、立春の日と打って変わって、荒れ模様の天気でした。
今日はどこに出かけることなく、のんべんだらりと過ごしました。
ただ、トレーニング室での自転車漕ぎなどはやりました。
何週間か前からトレーニングをやっています。
ホテルの休館日以外は、ずっと続けています。
とにかく下半身を鍛えようと思っています。

DSC_9565.jpg

西空に厚い雲が流れてきて、なかなか夕日は顔をだしません。

DSC_9580.jpg

わずかな雲間から、夕陽が漏れてきます。

DSC_9610.jpg

ビュービューという風音を耳にしながら、バルコニーに出てシャッターを切りました。
夕食に、昨日買ったまぐろと長芋で、海鮮丼を作って食べました。

     2017.2.6              くまお
    

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

春立ちぬ・・・・・
DSC_9490_201702021631092a9.jpg

           * さゞ波は立春の譜をひろげたり  渡辺水巴


2月4日(土)は立春、上掲の句は、私の好きな句のひとつです。
そして本日、田辺石神梅林、みなべの岩代梅林が開園しました。

昨日は節分でした。

DSCF6395_20170203224723ed1.jpg

例のおじさん鬼が登場しました。
一年経っても、顔立ちは変わっていません。
どうしたことか、鬼の目と口には豆が・・・・・。
年の数以上に豆を食べるのは、「ご面被り」たいです。

退屈まぎれに、鬼に関する諺をいくつか拾い上げました。

 ◆ 「鬼に金棒」・「鬼の目にも涙」などは、よく使われます。

 ◆ 「鬼の居ぬ間に洗濯」(はばかる人のいない間にじゅうぶん羽をひろげてくつ

    ろぐこと)は、よく使われますが、「洗濯」という言葉が気になります。

 ◆ 「鬼の霍乱(かくらん)」(平常きわめて頑健な人が病気にかかる場合をい

    う。)になると、ごく偶にしか使いません。

昨夜は、 『故事ことわざ辞典』を調べているうちに眠くなって、食べた豆の数はわかりません。

    2017.2.4                      くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

白浜千畳敷の夕陽
DSC_8698.jpg


1月26日(木)の夕刻、白浜千畳敷の夕陽を見に行きました。
本日は雲一つない晴天だったので、ダルマ夕日を期待しました。

DSC_8715.jpg

DSC_8717.jpg

DSC_8718.jpg

DSC_8722.jpg

何とかダルマ夕日となりました。

DSC_8729.jpg

でも、ダルマはすぐに太ってしまいました。

DSC_8738.jpg

そして、あっという間に沈んで行きました。

DSC_8751.jpg

しばらく残照を眺めて、マンションに帰りました。

   2017.1.26             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

雪ふり積もる
DSC_8439.jpg

   * 駒とめて袖うちはらふ陰もなし佐野のわたりの雪の夕暮  藤原定家


1月24日(火)は、昨日に続いて雪が舞いました。

DSC_8254.jpg

神島台の人家の屋根には、昨夜来の雪が降り積もっていました。

DSC_8359.jpg

DSC_8379.jpg

いつものように、マンションの最上階に昇ってみました。
高尾山は雪雲にすっぽり覆われて、全く見えませんでした。

DSC_8410.jpg

部屋にもどり、バルコニ―に出て見ました。
県道沿いの山も、雪が積もっていました。
車はのろのろ運転で、通り過ぎて行きます。

DSC_8304.jpg

白浜アドベンチャー・ワールドの観覧車も真っ白でした。
こんなことは珍しいことです。

DSC_8313_20170125014550680.jpg

そして、天神崎や切目崎も。

午前10時過ぎに、稲成の歯科医院に通いました。
バイバスから市道へ下りるとき、ブレーキを踏むと横滑りしました。
道路脇には大破した車が一台停車していて、パトカーも来ていました。
やっとの思いで、歯科医院へ辿り着きました。

帰りは寄りたいところにも寄らず、超のろのろ運転でマンションに戻りました。
降る雪は午後1時頃やっと止みました。

DSC_8521.jpg

DSC_8537.jpg

本日は趣のある夕景でした。

   2017.1.24            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi